ドライブレコーダーの選び方:価格帯別おすすめベスト3 (2万円~3万円クラス)

 

ドライブレコーダーは、世界的に見ればまだ日本は普及率が低いので、
ドライバーに取っても選ぶ判断基準が良く分からない
ことでしょう。

依然ドラレコに関しては、何を判断基準にすれば後悔なく選べるか、
説明が付かない方も多いと思います。

 

でしたら、いっそのこと
価格帯別で選ぶという手もあるんですよ。

このページでは、“ドラレコ野郎” の私が選んだ、
2万円~3万円クラスのおすすめベスト3をご紹介しましょう。




 

第1位)ユピテル DRY-WiFiV5c

雑誌の特集記事で、ベストバイ商品として
選ばれたこともあるドライブレコーダーです。

 

超小型の円筒形デザインに特長があり、ルームミラー裏に上手く
装着すれば本当に目立たなくなり、ドライバーの視界を守ります。

画質も、とにかく昼夜を問わず、
満足できる高画質であることが自慢。

 

GPS・Gセンサー・Wi-Fiなど、多くの機能が当たり前のように、
小さなボディに詰まっているのは凄いと思います。

 

とにかく完成度が高く、見た目も目立たない一体型から
選びたいと考える方なら、1番のおすすめです。

 

 

第2位)セルスター CSD-610FHR

本体モニターとカメラが、別々になっている
モデルが欲しいと思っている方もいることでしょう。

そんな方におすすめするのが、このドライブレコーダー。

別々に分かれていることで、
設置場所に自由度が大きくなりますからね。

 

カメラはフロントガラスだけでなく、
ダッシュボードの上にも装着が可能となっています。

モニターの付いた本体を、ダッシュボード下の見やすい位置に取り付ければ、
非常に快適なドライブレコーダーの環境ができ上がります。

 

センサーはSONY製を採用していることで、
まずまずの高画質が得られています。

このモデルは駐車監視機能が充実しているので、
ぜひこれを有効に使いたいところ。

 

また、メーカー保証が3年間ある点も
安心して使える要因になっています。

 

 

第3位)イクリプス DREC4000

このモデルもセパレート型を採用して、運転席まわりを
スッキリとまとめることができます。

本体はモニターが装備されていませんが、その代わり、
ダッシュボードの目立たない場所へこっそり設置させることが可能。

 

直射日光を避けることができるなど、
メカに悪影響を与えないようにさせられるのです。

そのせいもあり、耐久温度は-20℃~+65℃までとなっていて、
業務用のクルマにも充分に応える設計になっています。

 

画素数は100万画素と控え目ながら、露出は非常に安定していて、
映像のチラ付きや白飛び・黒つぶれも目立ちません。

見た目、とても高画質に感じるのは
さすが業務用?と言ったところですね。

 

耐久性を重視する方や装着している感を出したくない方、
実質剛健を考える方にピッタリのモデルとなるでしょう。

 

 

いかがですか?

 

少しでも同じ製品を長く使いたいと考えるなら、2万円~3万円クラスは、
選択する価値ある価格帯と言えるのではないでしょうか。

全体的に2万円以下のものと比べ、機能が充実してるのはもちろん、
基本性能の高さや耐久性に優るモデルが多いのが特長です。

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください