『KENWOOD DRV-N520』レビュー:同じケンウッドのナビに連携するドラレコを評価

ケンウッドのカーナビに連携して使うドライブレコーダー
「KENWOOD(ケンウッド) DRV-N520」の魅力を、
レビューで評価してみたいと思います。

 

“彩速ナビ” と呼ばれる同社の約16機種の
製品とつながる、個性派のドラレコですね。

彩速ナビと連携する結果、ナビの画面を使って操作したり、
撮影映像を再生できるのです。

 

そのため、カーナビの地図とドラレコの映像をリンクさせ
同時表示が可能など、ほかのドライブレコーダーには真似の
できない製品になっているのが特徴。




 

それではまず、ウリのフルHDを超える高解像度3メガの画質は
どんなものか、メーカー提供の動画で確かめてみて下さい。

 

そして、実際に使っているユーザーの皆さんは、
どんな感想をお持ちなのかレビューで迫り、
DRV-N520の魅力に触れて見ることにしましょう。

 

★「ナビの画面での設定は、とてもやりやすい。映像の暗いところでの画質は、確実に良いと感じる。ナビとの連携が便利なことで、星5としたい。」

★「設定がナビでできるのは、大変良い。画角も広い方だと思うし、夜の画質も見やすくて良い。細かい設定もしやすいし、こう言う設定に慣れている人なら、自分好みに上手くアレンジできるのではないだろうか。」

★「フルハイビジョンを超える、3M(2304p x 1296p)の高解像度録画を実現している。このうたい文句を信用し、彩速ナビのMDV-Z904Wに取り付けたが、最高画質・フルHDどちらの設定にしても、信号停止時でも前の車両のナンバーは読み取れない。駐車録画も、衝撃を受けた後数秒後に起動するのでは、逃げた車両を判別できないので、星1つにしたい。」

★「前方衝突警告・車線逸脱警告・発信遅れ警告の運転支援機能が付いており、一応有効にして使っているが、誤認識で警告音が発せられることがたまにある。ただ、ナビと連携させることで、ナビ画面で映像の確認や設定ができることはとても便利。」

 

では、あれこれ語ります。

 

冒頭でも述べましたが、このドラレコは、同じケンウッドの、
彩速ナビシリーズと連携させることで使用が可能になります。

他社のナビを使っている人には、何ともどうしようもないドラレコですが、
ケンウッドを使っている人なら選ばない手はないでしょう。

 

一般のドライブレコーダーに付いているモニターは小さく、
照度を抑えて昼間は良く見えないので、大きなカーナビの画面で
映像確認できると言うのは大きな意味があると思います。

 

また多くの機種は、ドライバーの視界を妨げないよう、
本体をできるだけ小さく設計しています。

そのため、ドラレコの本体で
設定するのは、やりにくいのが普通です。

 

これが倍以上の大きな画面で、しかもタッチパネルになっている
ナビで操作・設定できるのは、これ以上快適なことはないでしょう。

本機はモニターを備える必要がないので小さくもでき、
水平に構えるデザインが可能ですから、
車内で邪魔にならないメリットも生じます。

 

ケンウッドのユーザーにしか使えないのが残念ですが、
ケンウッドナビを使っているユーザーなら、
ぜひともおすすめしたいドラレコですね。

 

動画を見てもお分かりのように、この製品はドラレコ
として充分な高画質を有していると思います。

しかも、フルHDと3Mとの画質差があまり
感じられないので、通常はフルHDの設定で良いでしょう。

その分データ容量も抑えられて、
長時間撮影が可能です。

 

それにしても、付属する
マイクロSDカードが8GBなのは何とも残念。

超高画質をウリとするのならせめて16GB、
できれば32GBのカードを
用意してほしかったと強く感じます。

 

とは言え、地デジノイズやLED信号消滅対策などはきちんと解決済みなので、
ドラレコ単体で見ても、とても魅力のある製品と言えるでしょうね。

 

DRV-N520は、このたびDRV-N530に進化しました。
↓     ↓     ↓     ↓     ↓
2
または
3

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ イクリプス AVN-D7W

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください