『ユピテル DRY-V2』レビュー:リア用としても最適なドラレコを評価!

とにかく小さくて目立たず、リア用としても最適なドラレコ
「ユピテル DRY-V2」の実力を、レビューして参ります。

 

ユピテルではスマートビューモデルと呼ぶこの機種は、
小さくて本体とブラケット(マウント)が一体化していることで、
ルームミラーの裏に隠れるように取り付けることができます。

 

そのため、ドライバーの視界を最大限に守れます。

少しでも目立たず、実用的にドライブレコーダーを
使いたい人には、注目すべきモデルですね。

 

また、なりは小さくても300万画素CMOSセンサーを採用、
HDRも搭載するなどして、
画質を犠牲にしない設計になっているんです。




 

そこで、まずユーザーの方が投稿した動画をご覧いただき、
昼・夜・雨の日に渡って走行中の画質を確かめてみましょう。


協力 moonyさん

 

次に、すでに使用中のユーザーの皆さんのレビューを
参考にして、DRY-V2の魅力を探りたいと思います。

 

★「小さい画面で、良い意味目立たない。運転中気にならないのは、良いことだ。ルームミラーから見て、運転席側に設置した。できれば、ブラケットの首が左右にも揺れると有り難い。画質は特に問題はない。ナンバーも普通に読み取れた。」

★「インプレッサの、アイサイトの邪魔にならないものとして購入。コンパクトなので、ルームミラーの陰に隠れて全く問題なし。取り付けも、水平だけ気を付ければ簡単。ボールジョイント式だと、締め具合で後でズレることがありそうだけれど、これはガッチリ固定される。」

★「電源ケーブル端子側(左側)にSDスロットがあるので、ルームミラーの右側に固定すると、カードの差し替えの際に苦労する。スロットは右側にあると良かった。
フルHDと言うことで購入したが、DRY-WiFi5cと比べ映像の白飛び激しく、PCで見ても静止画での対向車のナンバー確認も厳しい。フルHDをうたうなら、もうちょっと綺麗な画質が欲しかった。」

★「価格はそこそこ。HDR搭載。サイズも小さめ。GPSは不要。と、以上の4点で選んだ。昼も夜も問題なく写る。」

 

では、あれこれ語ります。

 

この製品の特長はレビューにもあるように、とにかく
小さくて目立たないボディであることに付きますね。

フルHD仕様・HDR・Gセンサーはありますが、
他には際立った機能はなくシンプルです。

 

画質は動画をご覧いただいたように、昼・夜・雨に
おいて特別高画質とは言えないまでも、
ほぼ問題のないレベルにあると思います。

ただHDRが搭載されているにも関わらず、
暗い場所から明るい場所へ移る時の白飛びが大きく、
意外に気になるのが惜しいですね。

しかし、実用性は十分にあると言って良いでしょう。

 

LED信号や地デジノイズも対策されているのですが、
一部の車種にはノイズが入るようです。

100%のノイズレスは、難しいのかも知れませんね。

 

あと、画角の設定も上下はたやすいものの、
左右の傾き調整はできません。

なるべくフロントの中央に取り付けるのが良いのですが、
その代わり、ジョイントがシンプルな分ガッチリ固定できるので、
これはこれで良いと見るべきでしょう。

 

あまり多くの機能にこだわらず、とにかく目立たず、実用的に
ドライブレコーダーを使いたい人には相応しい機種と言えます。

 

また、小さいボディを生かしてリア用のドラレコとして活用すれば、
前後の映像を残せることで、より安心なドライブが可能になります。

シンプルであるゆえ、
価格が安い点も見逃せませんね。

 

DRY-V2は、このたびSN-SV40cに進化しました。▼

2


または

3

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください