『Anker Roav DashCam C2 Pro』レビュー:DashCam C2 との違いはどこ?

 

一見、デジタルカメラのようにも見える、
優れたデザインと作りで人気のドラレコ、

Anker Roav DashCam C2
上級機がラインナップ。

 

それが
「Anker Roav DashCam C2 Pro」
です。

 

デザインと大きさは全く同じながら、
GPS等を新たに搭載して
差別化を図ったモデルですね。

今回は、新しい
DashCam C2 ProDashCam C2の違いを比べ、
レビュー評価してみたいと思います。




 

Anker Roav DashCam C2 ProとDashCam C2の違い

 

Anker(アンカー)はアメリカのメーカーで、
Google出身の若者達で作られた会社。

モバイル関連のアクセサリーが有名で、
スマホバッテリーでもおなじみのブランドです。

 

ドライブレコーダーも数種販売しており、
その中でもDashCam C2 Proは、
Ankerではハイクラスの製品になります。

本体デザインは両機とも全く同じと言って良く、
違いは吸盤式の取り付けアタッチメントです。

 

C2 ProにはGPS装置があるため、
アタッチメントが少し大きくなっています。

両機本体を同じ大きさとしたことで、
GPSは内蔵できなかったようです。

 

あと大きく違うのは、C2 Pro
Wi-Fi機能を搭載しています。

元々C2には3インチ大型液晶モニターを内蔵して、
録った映像を見るのに不便はありませんでした。

 

しかし、Wi-Fiでスマホへデータを転送すれば、
映像を確認するのに、いちいち
SDカードを取り出す必要がありません。

手軽に必要なデータを後で確認できるのは、
スマホ派に取っては、
便利な機能と感じられるでしょう。

 

その上、GPSで走行ルートや速度も残せるし、
これもスマホで確認できるのも、
有難い機能と思うのではないでしょうか。

それから夜間の映像も、進化が図られています。

 

C2でもNight HawKテクノロジーで、
夜間の視認性を良くしているのですが、

C2 ProはSONYのSTARVIS CMOSを採用、
よりその性能を強化しました。

 

実際に、あるユーザーが録画した
夜間映像があるのでご覧下さい。


協力:SpringWakameさん

 

少し光があれば、夜間でも
視認性の良いのが分かったと思います。

ちなみにSTARVISでないC2の映像は、こちら、
DashCam C2の昼間から夜間の動画をどうぞ。

 

 

夜間は多少暗い感じがしますが、
実用性はこちらでも十分だとは言えます。

C2 ProC2の違いはざっとこんなところですが、
GPSとWi-Fiにこだわるなら
やはりC2 Proの方に優位性を感じますね。

 

では次に、すでにDashCam C2 Proを愛用する、
ユーザーの皆さんのレビューを集めましたので、
確かめてみて下さい。

その後に、私が評価してみたいと思います。

 

Anker Roav DashCam C2 Proのユーザーレビュー

 

★「フルHDの高精細映像を昼夜問わず、いつでも録画できるという。実際に使ってみると、かなりの高画質で驚いている。夜でもくっきりはっきりと録画してくれる。」

★「値段の割に機能がたくさんあって大満足。しかも粘着テープ式じゃなく吸盤式だし、電源がシガーだから、複数の車で共用できるのが嬉しい。振動センサーは敏感すぎて通常のドアの開け閉めどころか、車内で寝てる時にポジションを直す際の微妙な振動ですら緊急録画モードになるから、週に一回はスマホに接続してフォーマットする必要があるのが少し難点。」

★「感じた事は、SIZEが大きすぎて、djデミオでは前が見にくい事。助手席でも評判が悪い。運転中は画面を消している。画質は素晴らしい。目視より綺麗だ。スマホ再生も使い勝手が良い。吸盤貼り付けは、今の所は問題なく張り付いている。炎天下も大丈夫だ。」

★「C2からの買い替え。画質等は同じだが、SONYのSTARVIS搭載とのことだったので購入。夜道の性能は素晴らしく、肉眼より明るく見える。ただし全く明かりが無い所は、増幅できないので真っ暗だ。暗視カメラのような期待はしないで。WiFi搭載だが、AUTO-VOX等中華ドラレコで良くあるストリーミング再生は不可。スマホ確認中は録画できない。」

 

Anker Roav DashCam C2 Proの評価

 

DashCam C2 Proは、価格からすると
魅力の多い製品です。

最大の魅力は、何と言っても
STARVIS CMOSによる高画質にあるでしょう。

 

200万画素ながら解像度は高く、昼間も夜間も、
不満を感じさせない映像を提供してくれます。

夜間は、無理に露出をオーバーさせることなく、
クリアに細部を映し出しています。

 

弱点を言えばレビューにもあるように、
サイズが少々大きくGPSも外付けなので、
全体として大柄な印象を受けますね。

軽四輪車に装着すると、少し
目ざわりに感じるかも知れません。

 

吸盤式のアタッチメントは賛否両論あり、
簡単に取り外して複数の車で使い回せる反面、
夏場に熱で外れやすいとも言われます。

一概に、良いとは言い切れない
ところがありますね。

 

それから、7ヶ国語に
翻訳された取扱説明書。

日本語にも翻訳されているのは評価できるも、
少し説明が簡略すぎる気がします。

メカに強い人なら直感的に使えるでしょうが、
うとい人なら少し戸惑いを覚えるのでは?

 

あとはほぼ気になる弱点はなく、
本体内蔵のバッテリーを使った駐車監視機能も、

スーパーやコンビニの買い物程度なら
結構使えるんじゃないかと思います。

 

Gセンサーを使い駐車中に衝撃を感じると、
都度、30秒間録画を行うしくみです。

 

また電源ケーブルのプラグ部分は、
2ウェイのカーチャージャーになっており、

ドラレコ作動中でももう1つのポートを使い、
スマホの充電ができるのは嬉しいですね。

 

機能はシンプルで良いと考えるのなら、
1万円を切る価格のC2の方がお得でしょう。

しかし、GPSやWi-Fi機能はぜひ欲しいなら、
より画質の良いDash Cam C2 Proを選んだ方が、
後悔しないに違いないでしょうね。

 

1つ希望を付けるなら、SDカードが付属だと
より良かったかな?と思います。

日本のメーカーとちょっと違う、
個性的なドラレコが欲しいと思う人に
おすすめのモデルと言えるでしょう。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください