『ドライブレコーダーの選び方』何を基準にしてドラレコを選べば良いのか?

一口にドライブレコーダーといっても
機種が多いし、性能・機能も違うので初めて購入しよう
とする方は、何を基準に選んだら良いか迷うところでしょう。

‰~‚Ì•¶Žšƒx[ƒX

そこで、確実に事故遭遇時に証拠として残すために必要な、
ドラレコの条件をここでまとめて見たいと思います。




 

1.)解像度の高さ

「解像度」つまり横 x 縦の
ドット数が多いほど鮮明に録画ができます。

事故に遭遇した相手のナンバーが判別できるほどの
解像度が欲しいですね。

ハイビジョン(1280p x 720p)または
フルハイビジョン(1980p x 1080p)程度の高さがあれば合格です。

画素数は、200万画素もあれば十分だと思います。

 

2.)本体に電源が内蔵されている

事故を起こした時に電源が切れても録画が止まらないように、
ドラレコ本体に電源(バッテリー)を持ったものが望ましいです。

バッテリーには充電式バッテリーと、コンデンサーのような
キャパシタと呼ばれるものがあります。

バッテリーはリチウム式が高性能ですが、高温になると発火する
という危険性をはらんでいるので、敢えて安全なキャパシタ
を採用している機種が存在するのです。

 

3.)夜間でも周りが見やすいものが良い

撮影された映像が暗いと周りの状況を把握しにくいので、
できるだけ明るく見えるものを選びたいですね。

動画サイトで、サンプル動画を
事前にチェックしてみると良いです。

 

4.)電波干渉を起こさない機種を選ぶ

機種によっては、地デジ・カーナビ・レーダー探知機に
ノイズなどの電波干渉を起こすものがあるので、
できるだけ対策済みと謳ったモデルを選びたいですね。

レビューサイトや、メーカーのホームページで確認して下さい。

ユーザー側の対策としては、ドライブレコーダーのケーブルを、
できるだけ他の機器と離すように設置したいところです。

 

5.)LED信号機が消滅しないモデルが理想

現在多くのドライブレコーダーは、
標準フレームレートが30fps(1秒間に30コマ撮影)です。

これが高速で点滅を繰り返しているLED信号機とシンクロして、
2~3秒間完全に色が消えてしまうモデルは多いです。

フレームレートを27.5fpsにして対策した
メーカー品もありますが、消滅する製品かどうか、
レビューサイトやメーカーホームページで調べることができます。

シビアな見方をしない方ならば、
あまり気にする必要はないかも知れません。

 

6.)常時録画型か衝撃感知機能付き常時録画型か

最近のドラレコは、エンジンONで電源が入り、エンジンOFFで電源が切れ、
電源が入っている間はずっと録画し続ける「常時録画型」が一般的。

このタイプでも万が一の事故を録画してくれますが、
メモリーカードが一杯になると録画されたデータを上書き
するため、大切な事故のデータを消去してしまう可能性があります。

なのでGセンサーを内蔵して、衝突などの衝撃を機械が感じたら、
その前後10秒ほどを別ファイルに保存して、消去されないようにする
「衝撃感知機能付き常時録画型」も販売されていて人気です。

便利ですが、別ファイルを作ると全体としてデータが
大きくなるので、大容量のメモリーカードが必要になります。

 

7.)動作可能温度帯域が広いと長持ち

車内は夏と冬でかなりの温度差が生じるので、
高温や低温にできるだけ耐えられる機種を選びたいですね。

高温は+70度、低温は-10度の耐久性があるものが理想で、
この耐温度性はドラレコの寿命に影響します。

これも、メーカーホームページで知ることができます。

 

大まかなところでは以上ですが、その他、さらにこだわりたい性能・機能
もありますので、これに付いては改めて述べることにしましょう。

jouken02