『ケンウッド DRV-610』レビュー評価:運転支援や駐車監視など安全に配慮した機能満載のドラレコ

kdrv-610a

 

運転支援や駐車監視など、安全に配慮した機能満載の
「ケンウッド DRV-610」
を、レビューで評価してみましょう。

 

ケンウッドの最高峰だけに、大きな2.7インチモニターを搭載、
3M (約300万画素) の高画質で映像を記録できることで、
良く売れている人気モデルとなっていますね。




 

ではまず、その実力はいかにと言うことで、
昼間と夜間の画質を動画でご覧いただきましょう。


協力 CoRoNdCmAさん

 

次に、すでに購入して愛用しているユーザーの
皆さんのレビューを参考にして、DRV-610
魅力を探ってみることにしましょう。

 

★「各運転支援機能付きで、近接警告の作動をするケンウッドのものにした。画面が大きく、充電池も内蔵して駐車中も作動する。運転支援は誤作動があるものの結構役には立ち、とにかく画面が見やすい。」

★「取り付けは簡単だが、クルマがアルファードのためケーブルが短く、もう少し余裕が欲しい。運転支援で追突防止のブザー機能が付いているが、やたら鳴るので使わない。映像は値段が高い分、それなりの高画質で写る。」

★「トランセンドDrive pro200からの買い替え。64GB以上のSDが使えるし、スロットが2ヶ所あり便利だ。画質もトランセンド同様に良く、問題はない。ただ、期待していた運転支援機能は誤警報だらけで、ゴミ機能だった。」

★「以前使用していたドライブマン720より上で、画質が良い。しかし、駐車監視モードを使用すると、12時間後に電源が入らなくなる現象が発生した。ファームウェアに新しいバージョンが出たので、アップデートしたら改善した。しかし、熱には弱い機種のようだ。」

 

さて、いかがでしょうか?

 

動画をご覧いただいた通り、昼夜ともにかなりの高画質で、
前を行くクルマのナンバーもはっきり読み取れますね。

画角も十分に広く、フロントガラスの中央に設置すれば、
大型ワンボックスでも端から端まできちんと写ります。

 

欠点は、レビューにあるように付属のケーブルが短く、
フロントガラスの大きなワンボックスだと、
あまり長さに余裕がないことですね。

また、ほかの機種にも言えることですが、
運転支援機能が今一つで、
あまりあてにならないことも残念なところ。

 

さらに、このドラレコは熱に弱いところがあるようで、
長時間暑い車内に放置すると、誤作動する時があるようです。

他のレビューで、本体が簡単に取り外せることから、
夏場は駐車する際、一緒に持って
出た方が良いと言うものがありました。

しかし、これは手間が掛かるので、ぜひメーカー側で
改良してもらいたいものですね。

 

駐車監視機能に付いては、わずか15分ながら本体内蔵のバッテリーを
使って行うことができ、コンビニなどちょっとした駐車時の接触事故に
威力を発揮することでしょう。

全体的には高性能で映像がきれいだし、パソコンで見ても
サクサク動くので、画質を最優先する方には選んで悔いの
ないドライブレコーダーと言えるのではないでしょうか。

 

※DRV-610は、新しくDRV-630へ進化しました。
↓    ↓    ↓    ↓    ↓
2
または
3

 

kdrv-610b

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ ユピテル DRY-ST7000c

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください