『CELLSTAR CSD-610FHR』評価:カメラとレコーダー部を分かれて設置できるドラレコ

 

カメラとレコーダー部が分かれていて、
目立たず設置ができるドライブレコーダー

「CELLSTAR (セルスター) CSD-610FHR」
を、レビューで評価してみたいと思います。

 

カメラが非常に小さいことで、フロントガラス以外にもダッシュボードや
リアガラスにも取り付けられ、応用範囲が広いですね。

パーキングモードも12時間と言う
長時間撮影ができ、防犯の強い味方になります。




 

ではまず、画質を動画でチェックしてみましょう。

協力 うぶちゃんねるさん

 

今度は、実際の使い心地は
どんなものか気になりますね。

 

すでに使っているユーザーの皆さんのレビューを参考に、
このドラレコを検証してみましょう。

 

★「セパレートタイプが良かったので、こちらを購入した。画質は良いと思うが、すれ違うクルマのナンバーは読めない。停止している前者のナンバーは、クッキリと映る。カメラや本体は、両面テープで取り付け後も簡単に微調整できて便利。液晶画面もキレイに映る。SDカードはトランセンドの32GBを使っているが、今のところ問題なく作動している。」

★「カーナビやテレビに影響を与えるノイズは、感じられない。ただ画質がそれほど良くなく、また普段画面を消していても、どれかボタンを押せば画面が出ると言った細かな芸当ができない。国産をうたうなら、もう少し頑張ってほしい。」

★「コンパクトで画質も良いと思う。ただ駐車監視モードが付いているのなら、電源コードをオプションではなく初めから付けて欲しかった。」

★「フルHDにHDR搭載など、セパレートドラレコの中では上位に入るスペックの製品だが、気になったのは西日本のLED信号機に非対応なこと。カメラユニットのデザインがダサく、画質もワンボディほど良くないので、もう少し改善してほしい。」

 

いかがでしょうか。

 

クラスとしては、比較的
上位の製品になりますね。

 

カメラと本体が分離していることで、
取り付けても目立たないようにレイアウト設置が
可能なことが最大のメリットでしょう。

カメラが小型で、ダッシュボードに
取り付けてもあまり気になりません。

 

画質に関しては、動画を見てもお分かりのように、
まずまずと言ったところ。

悪くはないと思いますが、SONYのExmor CMOSセンサーを
使っている割には見劣りがする感じです。

 

またHDR搭載であるにもかかわらず、
白い雲が飛び気味なのも気になります。

実用性としては問題なくても、パフォーマンス的に
もっと高性能であって欲しいところですね。

 

初期不良はやや発生しやすいようですが、
3年間保証とメーカーの対応も良いことで、
品質に関してはそれほど心配はいらないのでは?

パーキングモード機能がとても優れているので、
電源コードは別売りでも、ぜひ有効とさせた方が良いでしょう。

配線がやや複雑になるので、取り付けは
業者に任せた方が安心だと思います。

 

セパレート型にこだわる方や、リアにもドラレコを
取り付けたい方にはおススメしても良いモデルです。

また同社のレーダー探知機とも連携できるので、
わざわざコムテックを選ぶと言うのもアリでしょうね。

 

2
または
3

 

 

 

※この記事を読んだ方には、この商品もおススメです

⇒ イクリプス DREC4000

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください