『ZDR-015』レビュー:2カメラドラレコはリアの熱線に影響する!取り付けると違法?

 

「2カメラ式のドライブレコーダーは、
リアガラスの熱線に影響するからカメラを取り付けられない」

「そもそもドライブレコーダーをリアに取り付けるのは違法」

そんな話をあなたは聞いたことがありませんか?

 

結論を言うと、これ、どちらも大きな間違いです。

 

熱線に粘着テープでカメラを付けても、
実は熱線にもカメラにも何の影響もないのです。

ただし、注意して下さい!

粘着テープはとても強力なのでカメラを外そうとした時、
粘着力で熱線が剥がれてしまう恐れがあります。

なので、カメラを取り付ける位置は、
絶対に熱線に触れない場所にしましょうね。

 

また、カメラをリアに取り付けるのは違法、
と言う話も事実ではありません。

クルマの運行に支障がない位置であれば問題がないことは、
「自動車技術総合機構」もネットで述べていますから。

 

もしリアにドラレコが付けられないのであれば、
今、商品が売り切れてしまうほど人気の、
こちらのモデルをご紹介できないじゃないですか!

 

と言うことで、今回は前後2カメラ式のドライブレコーダー
「コムテック ZDR-015」を、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『ZDR-015』レビュー:2カメラドラレコはリアの熱線に影響する!取り付けると違法?」の続きを読む…

『コムテック ZDR-015』夜間性能と取り付け:人気のドラレコをユーザーレビューで評価!

 

前後2カメラ式で、在庫が切れるほど人気のドラレコがあります。

それは「コムテック ZDR-015」

このモデルが得意な夜間映像取り付けについて、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『コムテック ZDR-015』夜間性能と取り付け:人気のドラレコをユーザーレビューで評価!」の続きを読む…

ユピテル Q-02cレビュー:話題の360度ドラレコを使ってみた

ちまたで話題の、360度ドライブレコーダー
「ユピテル Q-02c」を手に入れることができたので、
マイカーに取付けてレビューしたいと思います。

 

Q-02cは、Web限定で販売されている
シガーライターから電源を取るタイプのモデル。

オートバックスなどカーショップで販売されている
Q-02dは、車のヒューズから電源を取るタイプなので、
取付けに少々知識が必要ですね。

 

さて、早速箱の中から商品を取りだしてみると、
取説など書類を除けば、中身は意外にシンプルです。

基本的にレコーダー本体と電源ケーブル、16GB SDカードと
レンズの角度を固定する六角レンチのみ。

後は、事故の衝撃でカードが飛び出さないよう、
カードスロットの扉をロックする
小さなビスが同梱しているくらいです。

 

最近のドラレコはどれもmicroSDカードを使いますが、
本機は普通サイズのSDを使う仕様になっています。

記録カードが付属するのは有り難いですが、本機の
記録解像度は最大350万画素・2560p x 1280pありますから、
せめて32GBを付けて欲しかったのが正直なところですね。

 

本体は下にぶら下がったレンズを除けば小さなもので、
横には電源ケーブルを挿す端子やSDカードスロットがあります。

液晶モニターはなく、スイッチは
緊急録画ボタンがあるのみで、他はなし。

 

つまり、解像度など設定は
本体では一切できなくて、全てパソコン上で
専用のビュアーで行うようになっています。

レンズは上下に90度調節ができますが、
左右にはできません。




「ユピテル Q-02cレビュー:話題の360度ドラレコを使ってみた」の続きを読む…