『セルスター CSD-690FHR』レビュー:ドラレコで前後2カメラ/日本製はもう当たり前?

 

本体に2つのカメラが付いた日本製ドライブレコーダー
「セルスター CSD-690FHR」がデビューしたので、
ユーザーレビューで検証してみようと思います。

 

前方用にフルHD200万画素・後方用(車内向け)に、
HD100万画素のセンサーとカメラを搭載。

今話題の、2カメラ仕様ドライブレコーダーですね。

 

CSD-690FHRには、旧モデルで
CSD-390HDがあります。(現在も発売中)

この機種も前後にそれぞれカメラがあることで、
タクシー用に広く普及している
TR-390の個人向けモデルとして人気がありました。




「『セルスター CSD-690FHR』レビュー:ドラレコで前後2カメラ/日本製はもう当たり前?」の続きを読む…

『APEMAN C860』レビュー:リアにもカメラが付いたドライブレコーダーを評価してみた!

車の前後にカメラが付いた2カメラ式のドライブレコーダー
「APEMAN C860」を、
ユーザーレビューを参考に評価してみたいと思います。

 

他の2カメラ式ドラレコと違い、C860は前後とも
フルHD1080pの高画質で撮影できるのが特長です。

前方カメラのオマケではなく、
万が一の追突事故に遭遇しても
確実に相手車両を見極めることができるんです。

 

また、レンズは良くあるプラスチック製ではなく、
光学層ガラスレンズを採用してクリアな映像で記録。

 

本体にバッテリーを内蔵して、
エンジンONからの立ち上がりが早く、

事故で電源が途切れても
すぐに内蔵バッテリーに切り替わります。

 

肝心の、その瞬間が写っていない
悲劇から解放されますよ。




「『APEMAN C860』レビュー:リアにもカメラが付いたドライブレコーダーを評価してみた!」の続きを読む…

『innowa Journey Plus』口コミ評価:前後デュアルカメラ式ドラレコで煽り運転を監視 !

前後に取り付けるデュアルカメラ式ドライブレコーダー
「innowa(イノワ) Journey Plus」が話題です。

今回、口コミで評価してみたいと思います。

 

最近は後ろからの煽り運転の話題が多く、
問題視されていますね。

これまでは、ドライブレコーダーは前方のみを
記録するタイプが一般的でしたが、にわかに
後方の映像も必要と言われるようになって来ました。

 

このJourney Plusは、フルHD200万画素の本体をフロントに、
子機としてリアに取り付けるカメラがセットになったモデル。

本体は約88㎜ x 54㎜の小型サイズながら、
3インチの大型液晶モニターを装備、
リアカメラは約23㎜ x 23㎜の超小型サイズとなっています。

 

リアカメラはリアガラスだけでなく防水仕様なので、
トランクなど車体の外部に取り付けることができます。

ちょうど、バックモニターのカメラと
同じイメージと言って良いでしょう。




「『innowa Journey Plus』口コミ評価:前後デュアルカメラ式ドラレコで煽り運転を監視 !」の続きを読む…