『ユピテル Q-20P』レビュー:360度全方向ドラレコに液晶モニターが付いた!

 

前後2カメラ式ドラレコが人気の中、
全方向が見渡せる360度式モデルも、

依然注目の的になっていることに
変わりはありません。

 

そしてここに来て、また新しい
360度全方向モデルが登場しました。

 

それは
「ユピテル Q-20P」です。

 

今回は特にweb限定で
お得な価格で手に入るQ-20Pを、

ユーザーレビューを基にして
検証・評価してみようと思います。




「『ユピテル Q-20P』レビュー:360度全方向ドラレコに液晶モニターが付いた!」の続きを読む…

『コムテック HDR360GW』レビュー評価:ドラレコ360°タイプの後方のデメリットを解決!

 

360°タイプのドライブレコーダーは、
文字通り360°全周の映像が記録できるので、
前後2カメラタイプと並んで人気があります。

 

新しいモデルが登場するたび、
画質も向上していますね。

ただ、どうしても
解決できないことが1つあり、
デメリットになっています。

 

それは構造上の理由で、後方から
迫る車が小さく写ってしまうこと。

ところが、これを上手く解決した
360°モデルが登場しました。

 

その名は
「コムテック HDR360GW」
です。

 

今回は、
HDR360GWに付いてユーザーレビューを基に、
使い心地等を評価してみたいと思います。




「『コムテック HDR360GW』レビュー評価:ドラレコ360°タイプの後方のデメリットを解決!」の続きを読む…

『DC5000 カーメイト』レビュー:高性能だが、本体とSDカードを含めた価格の高さがネックか!

 

最近は、煽り運転の影響を受けドラレコの形態も変化、
人気の的は、前方のみ録画する1カメラ式から、
前後の様子が録画できる2カメラ式に移っています。

ただ2カメラ式でも、左右側面の
様子を写し出すことはできません。

 

前後と左右、つまり全周囲の様子を録画するとなると、
360°ドライブレコーダーでないと無理な訳です。

で、まだまだ360°モデルが少ない中、
カーメイトから新機種が発売されました。

 

それが『d’Action(ダクション)360s DC5000』

 

他社製品も含め360°ドライブレコーダーの弱点であった、
映像の写りの悪さを改善したモデルと言うのがウリです。

今回は、このd’Action360s DC5000をレビュー評価し、
新しいドラレコの魅力を探ってみたいと思います。




「『DC5000 カーメイト』レビュー:高性能だが、本体とSDカードを含めた価格の高さがネックか!」の続きを読む…