『VREC-DS500DC』レビュー:カメラとモニターが分離したドラレコを評価!

あなたはドライブレコーダーの形に、
こだわりを持っていますか?

一般的なドラレコはカメラとモニターが一体で、
フロントガラスに装着する形が多いですよね。

 

でもガラスに取付けるのが嫌いな方もいれば、
スバルのアイサイトのように

ガラスに取付けるスペースが限られ、
好きな場所へ設置しにくい車もあります。

 

そんな場合にはダッシュボードに
モニターが装着できるモデルもあったらと、
思う方もいるのではないでしょうか。

 

ならばパイオニアから発売されている
「カロッツェリア VREC-DS500DC」
ならそれが可能です。

 

バイクのドラレコのように
前後のカメラが分離していて、

本体モニターは手元のダッシュボードに
取付けることができますよ。

 

今回はこのVREC-DS500DCを検証し、
ユーザーレビューを基に、
評価してみたいと思います。




「『VREC-DS500DC』レビュー:カメラとモニターが分離したドラレコを評価!」の続きを読む…

『VREC-DH200』口コミレビュー:ドラレコに液晶なくてもWi-Fiあれば大丈夫!

 

ドライブレコーダーを取付けたいが、
極力目立たなくしたい・視界を守りたい
と言うニーズは多いもの。

そのためには、小型化を目指した
液晶モニターなしのモデルを選べば、
可能になるでしょう。

 

画面が見えなくてもWi-Fiを搭載し、
スマホで確認できるようにすれば
良い訳です。

そんなユーザーの声に応えた
ドライブレコーダーがあります。

 

その1つが
「カロッツェリア VREC-DH200」
です。

 

今回はVREC-DH200を検証し、
ユーザーレビューでその魅力を
評価してみようと思います。




「『VREC-DH200』口コミレビュー:ドラレコに液晶なくてもWi-Fiあれば大丈夫!」の続きを読む…

『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ

ドライブレコーダーと言えば、最近は
前後2カメラ式モデル
スタンダードになりつつありますね。

これは日本だけでなく、海外でも同じ傾向にあり、
国内外多くの2カメラモデルが販売されています。

 

ただデザインに関しては日本と海外では違いがあり、
海外製品は一般的なアタッチメントを介し、
フロントガラスに取り付けるものが多いです。

 

対して日本のメーカーのそれは、
ドラレコ本体とアタッチメントが一体化、

ガラスに取り付けると言うより貼り付ける
デザインのモデルが多くなって来ました。

 

このほどカロッツェリアから登場した
「VREC-DZ700DLC」も、
そんなデザインのドライブレコーダー。

 

フロントカメラ・リアカメラ共々、ガラスに
ペタッと貼り付けることでしっかり固定でき、
ドライバーの視界を極力妨げないようにしています。

今回は、そんなVREC-DZ700DLCを、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ」の続きを読む…