『DRV-MR740』レビュー評価:ケンウッドの前後2カメラ式ドライブレコーダーってどうなんだろう?

運転中に後方からの煽り運転車を特定するため、
最近は2カメラ式ドライブレコーダーに注目が集まり、
各メーカーからは続々新製品が登場しつつありますね。

こうした動向を見ていると、前後2カメラ式は
これからはもう、スタンダードになりそうな雰囲気です。

 

そして、いよいよケンウッドからも、リアカメラが
一緒になったモデルが発売になりました。

それが「DRV-MR740」です。

 

そこで今回は、満を持して現れたDRV-MR740について
ユーザーレビューで評価してみようと思います。

まずは一般的な2カメラドラレコと比べて、
どこに特徴があり魅力的なのかあれこれ探ってみましょう。




「『DRV-MR740』レビュー評価:ケンウッドの前後2カメラ式ドライブレコーダーってどうなんだろう?」の続きを読む…

『KENWOOD DRV-630』レビュー:WQHDは高画質だが、フルHDでも充分キレイな映像

 

フルHDを超える高画質WQHD(ワイドクワッドHD)を搭載した
ドライブレコーダー『KENWOOD DRV-630』
を、ユーザーレビューで評価してみたいと思います。

 

DRV-630は、実質DRV-610の新型となるモデル。

外観はほぼ変わらないのですが、
DRV-610の3M(2304p x 1296p)から更に性能がアップ、
WQHD(2560p x 1440p)を実現しました。

 

これは、フルHD(1920p x 1080p)の
約1.8倍の情報量を備えたものになっています。

そのWQHDを搭載したDRV-630の実力とは、
どんなものなのでしょうか?




「『KENWOOD DRV-630』レビュー:WQHDは高画質だが、フルHDでも充分キレイな映像」の続きを読む…

『KENWOOD DRV-325』レビュー:駐車モードが便利な小型ドラレコを評価すると?

エンジン停止後自動的に駐車モードに入る、
便利な機能付き小型ドライブレコーダー

「KENWOOD(ケンウッド) DRV-325」
を、レビューで評価してみましょう。

 

DRV-325は、従来モデルKNA-DR350の後継機種に当たるもので、
その大きな違いは、サイズが20%ほど小型化し、
よりドライバーの視界を妨げない設計になったこと。

 

その代わり、少し厚みが増しましたが、
使用に差し支えるほどではありません。

普及クラスの製品ながら、フルHD200万画素
CMOSセンサーを採用、更なる高画質に貢献しています。

 

またこのクラスに珍しい32GBのSDカードを標準装備して、
別途カードを買い足す必要がなく経済的ですね。

そして本機の大きな特長として、カーバッテリーを使うことなく、
エンジン停止後に自動的に「駐車モード」を作動されられることです。

 

これが、なかなか優れた機能なんです。




「『KENWOOD DRV-325』レビュー:駐車モードが便利な小型ドラレコを評価すると?」の続きを読む…