ドラレコの画素数はどれ程必要?ナンバーが読めるくらい?:画質を比較!

 

数年前のモデルと比較して、最近の
ドライブレコーダーはとても高性能になりました。

それと同時にボディも小型化され、
価格も安くなっています。

 

とは言え、
搭載されているCMOSセンサーの性能により、
やはり画質の差は現れて来ますね。

 

今回は、使われるセンサーの画素数の違いが
どれくらい画質に影響を及ぼすのか、
実際の映像で比較してみたいと思います。

そして、実用に必要な画素数
を確かめてみましょう。




「ドラレコの画素数はどれ程必要?ナンバーが読めるくらい?:画質を比較!」の続きを読む…

ドラレコを純正品みたいな社外品で目立ないよう取付けたい:『HDR-751G』の評判!

 

ドライブレコーダーをステーを使わず、
純正品のようにスッキリ目立たなく取付けられる
社外品があると良いなぁ、と思いませんか?

 

また、レーダー探知機と相互通信ができて、
GPSやオービスⅡの情報を共有できるモデルに
興味はありませんか?

さらに駐車監視機能を使い、
簡単操作で当て逃げ車両を記録できたら、
ぜひ欲しいと思いませんか?

 

そんな理想的なドライブレコーダー、
あるんです。

今までのものとはデザインも新しい
「コムテックHDR-751G」
これを今回紹介してみたいと思います。




「ドラレコを純正品みたいな社外品で目立ないよう取付けたい:『HDR-751G』の評判!」の続きを読む…

『ZDR-015』レビュー:2カメラドラレコはリアの熱線に影響する!取り付けると違法?

 

「2カメラ式のドライブレコーダーは、
リアガラスの熱線に影響するからカメラを取り付けられない」

「そもそもドライブレコーダーをリアに取り付けるのは違法」

そんな話をあなたは聞いたことがありませんか?

 

結論を言うと、これ、どちらも大きな間違いです。

 

熱線に粘着テープでカメラを付けても、
実は熱線にもカメラにも何の影響もないのです。

ただし、注意して下さい!

粘着テープはとても強力なのでカメラを外そうとした時、
粘着力で熱線が剥がれてしまう恐れがあります。

なので、カメラを取り付ける位置は、
絶対に熱線に触れない場所にしましょうね。

 

また、カメラをリアに取り付けるのは違法、
と言う話も事実ではありません。

クルマの運行に支障がない位置であれば問題がないことは、
「自動車技術総合機構」もネットで述べていますから。

 

もしリアにドラレコが付けられないのであれば、
今、商品が売り切れてしまうほど人気の、
こちらのモデルをご紹介できないじゃないですか!

 

と言うことで、今回は前後2カメラ式のドライブレコーダー
「コムテック ZDR-015」を、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『ZDR-015』レビュー:2カメラドラレコはリアの熱線に影響する!取り付けると違法?」の続きを読む…