Driveman GP-1とほぼ同仕様の警察用ドライブレコーダーをレビュー!

あなたは警察や消防で採用されている、専用の
ドライブレコーダーがあることをご存知ですか?

一般には出回っていない特殊なドライブレコーダー、
それが「アサヒリサーチ Driveman PS-1」です。

 

主にパトカーや、消防車にしか装着されていない
ドラレコって、興味が湧きますね。

 

量販店で買える一般のドライブレコーダーと
どこが違うのか、このページで迫ってみようと思います。




この写真を見る限り、他のアサヒリサーチの
製品と見た目は変わりませんね。

 

では、メーカーではどのように
説明しているのか、解説文をご紹介しましょう。

★「PS-1は、警察用のドライブレコーダーの720psの後継機として開発されたもので、警察以外でも撮影映像の流出防止に、地方公共団体でも利用可能です。最新の映像チップを使い高解像度に撮影し暗号化しています。」

 

そして、その商品概要は次の通り。

★「警視庁との共同開発による製品仕様。各パスワードは、厳重に管理運用する必要があります。暗号化の詳細仕様に関しては、セキュリティ上お答えできません。」

 

気になるPS-1の性能は、ざっと
こんな感じになっています。

●FULL HD約200万画素1080Pモードでは、30fpsのほかに45fpsと言う高フレーム
レートで記録できるため、全国のLED信号で消滅や点滅なく撮影が可能。

●また、FULL HDを超える2K約300万画素、30fps(2304p x 1296p)と言う超高画質
モードに切り替えて撮影もできる。

●対角140度の広角で、F2.0の明るいガラスレンズ採用。

●Gセンサー・GPSを内蔵。2インチの液晶ディスプレイを装備。

●タイプは2種類。1つは64GBメモリーを内蔵し、こちらはパソコンでの再生は
不可能。本体とブラケットが一体化。もう1つは、64GBまでのSDカード対応タイプ。
こちらは、動画がAES128ファイル暗号化形式で、セキュリティを強化。

 

つまり、フレームレートを高めて、確実に信号機の色を記録できたり、
2Kの超高画質に切り替えることにより、
確実に証拠映像を残せるようにしているんですね。

 

メモリーを内蔵式にして、モニターできるのは本体のモニターや
テレビに限定して、外部にデータを持ち出せないタイプがあったり、
ファイルを暗号化してデータを簡単にコピーできないようした
タイプもあったりする訳です。

なるほど、警察仕様ドラレコとは、撮影性能やデータのセキュリティを
強化しているのが特徴だと、お分かりいただけたでしょうか?

 

これを見て、自分も欲しいなぁと
思われた方もいるかも知れませんね。

実は、このDriveman PS-1に近い仕様のドラレコなら、
購入することができるんですよ。

 

それが、同じ
アサヒリサーチのDriveman GP-1です。

 

45fpsの高フレームレート、2Kでの撮影が可能。

SDカードも、64GBまで対応できます。

さすがにAES128ファイル暗号化はできませんが、
その代わり、駐車監視機能がGP-1には付いています。

 

パトカー仕様のドライブレコーダーにあこがれる方に、
おすすめできるドラレコと言えるでしょう。

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください