2019年 ドラレコ野郎が選ぶ総合ランキングベストモデル

  (1) PAPAGO! GoSafe S36GS1
ボディはデカいが、大きな画面でリアカメラはバックモニターとしても使える

  (2)コムテック ZDR-015
両方ともフルHD200万画素の2カメラ式ドラレコ 後続の煽り運転車を確実に録画

    (3) ケンウッド DRV-MR740
前後どちらのカメラも同じセンサー フルHD200万画素をコンパクトボディで実現




【あなたにおすすめの記事】ピックアップ

ドライブレコーダーを装着していると、万が一の交通事故に遭遇した時に、撮影した映像が味方となって自分に過失がないことを証明できることがあります。人間の記憶などあいまいなので、機械の記録の方がずっとあてになるのです。そんなドラレコを付けてて、良かった話を集めました。

『ドライブレコーダーを付けてて助かった話』

『ユピテル DRY-TW7500dP』レビュー評価:web限定の前後2カメラ搭載ドライブレコーダー

 

このところドライブレコーダーで注目されるのは、
前後に2カメラを搭載したモデルが中心のようです。

確かに前後の映像が同時に録画できる方が、
ドライバーに取っては安心ですよね。

 

後方から煽られた・・・、もしくは
追突された時のことを考えれば、ぜひ欲しいもの。

ただその代わり、価格はグンと上昇するため、
購入をちゅうちょする方も多いと思います。

 

そこでメーカーとしても人気のユピテルから、
機能満載ながらリーズナブルなモデルが登場しました。

それが「DRY-TW7500dP」です。

 

前後2カメラを搭載したドライブレコーダーなのに、
価格は2万円を切る安さとなっています。

今回はDRY-TW7500dPをユーザーレビューで評価し、
なぜ安く販売が可能になったのか、
その理由も探ってみようと思います。




『ユピテル DRY-TW7500dP』レビュー評価:web限定の前後2カメラ搭載ドライブレコーダー

『PAPAGO! GoSafe M790S1』レビュー:ドラレコはルームミラー型、前後カメラ式がこれからの主流か!?

 

このところ新しく登場するドライブレコーダーは、
前後にカメラを備える2カメラ式が増えて来ました。

後続車からの追突や煽り運転の車を特定するには、
リアの映像も必要と言う訳です。

 

ただ多くのモデルは、前方カメラを
フロントガラスに取り付ける一般タイプのもの。

そんな中でルームミラー型でありながら、
前後にカメラを持つドラレコが、
PAPAGO(パパゴ)から登場しました。

 

それが「GoSafe M790S1」です。

 

日本ではどちらかと言えば人気のない、
ルームミラータイプなのに、
このモデルにはどんな魅力があるのでしょうか。

今回は私のファーストレビューで、
GoSafe M790S1を評価してみましょう。




『PAPAGO! GoSafe M790S1』レビュー:ドラレコはルームミラー型、前後カメラ式がこれからの主流か!?

ドラレコが録画されていないのは、SDカードに多くの原因がある!?

 

ドライブレコーダーを取り付けたクルマでドライブ中、
不幸なことに事故に遭遇してしまった。

自分には非がないので、
録画した映像を証拠映像として使おうとした。

が、再生したら映像が録画されていない・・・?
そんなバカな!

 

これ、案外あなたにも起こりうることなんです。

 

この原因は、
ドライブレコーダー本体にあることもありますが、

多くの場合、SDカード(マイクロSDカード)に
あることをご存じでしょうか?

 

どう言うことなのか、
今回ご説明しようと思います。




ドラレコが録画されていないのは、SDカードに多くの原因がある!?