2021年 ドラレコ野郎が選ぶ総合ランキングベストモデル

  (1) セルスター CS-360FH
180度レンズを2枚使い、全天球レンズの画質の悪さを克服した360度ドラレコ

  (2)カロッツェリア VREC-DS500DC
前後カメラとモニターが分離し視界を妨げず、また本体を夏の高温から守れる

    (3) KENWOOD DRV-340
お手頃価格だが、内蔵バッテリーで短時間駐車監視が可能な1カメラドラレコ




【あなたにおすすめの記事】ピックアップ

ドライブレコーダーを装着していると、万が一の交通事故に遭遇した時に、撮影した映像が味方となって自分に過失がないことを証明できることがあります。人間の記憶などあいまいなので、機械の記録の方がずっとあてになるのです。そんなドラレコを付けてて、良かった話を集めました。

『ドライブレコーダーを付けてて助かった話』

『ユピテル WDT510c』レビュー評価:シガーソケットタイプに給電変更されたweb販売限定ドラレコ!

 

このところ人気で売れ筋となっている、2カメラ式ドライブレコーダー。

前後の映像が同時に録れることで、安心感が高いのが特長ですが、気になるのはその価格です。

 

前方のみの1カメラ式モデルなら、1万円程度の価格でも、そこそこ高性能なものが手に入ります。

しかし前後2カメラ式のものは、2万円を超えるものがザラですよね?

 

メーカー・ブランドにこだわらなければ、2万円以下でもなくはありませんが、やはり品質重視なら国内メーカーにこだわりたいと思うことでしょう。

ところが、ある程度の不便さに目をつぶることができるなら、2万円を切る値打ちな国内メーカーモデルがあるんです。

 

その1つが「ユピテル WDT510c」

内容を少しシンプルにすることで、高性能でありながら価格を抑えることに成功した、お手本モデルなんですよ。

今回はこのWDT510cにスポットを当てて、ユーザーレビューを参考に中身を検証し、評価をしてみることにしましょう。




『ユピテル WDT510c』レビュー評価:シガーソケットタイプに給電変更されたweb販売限定ドラレコ!

ドライブレコーダーにリアカメラが絶対必要だとは限りませんゾ!

 

我が国日本でも近年かなりの普及率で、ドライブレコーダーが浸透してきたことは、あなたも周知のことでしょう。

これは車同士の衝突事故が増えたからと言うよりも、悪質な煽り運転の増加が要因になっているのだと思います。

 

そんな背景から最近の売れ筋モデルに注視すると、1カメラモデルからリアにもカメラが付いた、2カメラモデルに移行しつつあるのが流れ。

そればかりか前後カメラだけでなく、サイドの様子まで録画できる3カメラモデルや、360度カメラ+リアカメラモデルも登場して人気になりつつます。

 

では、今後ドラレコを購入するなら、リアカメラ付きタイプを選ぶべきなのでしょうか?

今でも立派に販売されている、1カメラタイプでは事足りないのか?

 

私の考えでは、複数のカメラが付いたドラレコを、あえて選ぶ必要はないと自認しています。

それはどうしてなのか、今回述べてみましょう。




ドライブレコーダーにリアカメラが絶対必要だとは限りませんゾ!

『AKEEYO AKY-V360S』のクーポンはこちら:安い価格でこのドラレコが手に入る!

 

PR:ただ今AKY-V360Sを公式サイトからのお求めで通常価格の5%引きで購入できる!
  【AKEEYO 公式サイト】⇒ 専用クーポンコード「AK88」をご記入下さい  !(^^)!

 

今、死角をできるだけ少なくしたドライブレコーダーが、多くのドライバーの方たちに注目されています。

それは煽り運転をする車や、無茶なドライバーを特定したいと思っているからですね。

 

死角を極力減らしたドラレコはいくつもありますが、その中で「AKEEYO AKY-V360S」も人気モデルの1つ。

このAKY-V360Sが、メーカーのキャンペーンでクーポンを利用して、通常価格の5%引きで購入できることをあなたはご存知ですか?

 

AKEEYO公式サイトより、専用クーポンコード「AK88」を記入するだけで、安く手に入るのです。

ぜひあなたも利用してみてはいかがでしょうか。




『AKEEYO AKY-V360S』のクーポンはこちら:安い価格でこのドラレコが手に入る!