2021年 ドラレコ野郎が選ぶ総合ランキングベストモデル

  (1) セルスター CS-360FH
180度レンズを2枚使い、全天球レンズの画質の悪さを克服した360度ドラレコ

  (2)カロッツェリア VREC-DS500DC
前後カメラとモニターが分離し視界を妨げず、また本体を夏の高温から守れる

    (3) KENWOOD DRV-340
お手頃価格だが、内蔵バッテリーで短時間駐車監視が可能な1カメラドラレコ




【あなたにおすすめの記事】ピックアップ

ドライブレコーダーを装着していると、万が一の交通事故に遭遇した時に、撮影した映像が味方となって自分に過失がないことを証明できることがあります。人間の記憶などあいまいなので、機械の記録の方がずっとあてになるのです。そんなドラレコを付けてて、良かった話を集めました。

『ドライブレコーダーを付けてて助かった話』

『セルスター デジタルインナーミラー CS-1000SM』レビュー評価:画質やDM-10との違いはどうなのか?

 

このところデビューしているドライブレコーダーでは、デジタルインナーミラー型(スマートミラー型)モデルが多くなっています。

ただ多くが中華製で、日本製のものはあまり見かけません。

 

そんな状況の中で、やっと大手メーカーから使えそうな製品が登場しました。

それは「セルスター CS-1000SM」です。

 

これまでも日本メーカー製のものはあるにはありましたが、中身のチップを含めほぼ日本のものを使い、メイドイン・ジャパンを名乗れるのは本機が初めてではないでしょうか。

今回はそんなセルスター CS-1000SMを検証し、ユーザーレビューを交え評価してみたいと思います。




『セルスター デジタルインナーミラー CS-1000SM』レビュー評価:画質やDM-10との違いはどうなのか?

『AKEEYO AKY-V720S』レビュー評価:前後720度レンズ+リアカメラで死角のないドラレコを取り付けてみた!

 

今、ちまたで人気のアイテムの1つにドライブレコーダーがありますが、それを受けて次々とニューモデルが登場しつつあります。

特にこれまで主流だった、フロントガラスに取り付ける一体型に代わり、スマートミラー型のデビューが多い傾向にありますね。

 

その中で、また新機能を搭載したモデル出たので、今回紹介したいと思います。

それは「AKEEYO AKY-V720S」です。

 

日本メーカー製ではまだラインナップが少ない中、中国メーカーの製品はすでにスマートミラー型が一般的になっており、本機もその仲間に入ります。

このAKY-V720Sはスマートミラー型でありながら、360度レンズを本体前後に装着して、前方と車内720度をカバーする2カメラ式ドラレコなんです。

この製品がこのほど私の手元に届いたので、これから私の車に取り付けて、実機レビューしてみることにしましょう。




『AKEEYO AKY-V720S』レビュー評価:前後720度レンズ+リアカメラで死角のないドラレコを取り付けてみた!

『車のステッカー(シール)の剥がし方』ガラスに貼ったドラレコステッカーはどうすれば良い?

 

後続車からの煽りを阻止するために、2カメラ式ドライブレコーダーの設置と、もう1つ “ドラレコ録画中ステッカー(シール)” の貼り付けが有効です。

しかし、車に貼ったステッカーは、数年も経てば変色したりして見栄えが悪くなるもの。

 

そんな場合、簡単に剥がすことができれば問題ないのですが、屋外用の耐候性の高いシールは、1度貼るとちょっとやそっとでは取れなくなります。

爪でこすっても、端っこが削り取れるだけです。

 

では、どうすれば車のステッカーを綺麗に剥がすことができるのでしょうか?

今回は、リアガラスの「車のドラレコ録画中ステッカー剥がし」に付いて、私が実際に行った方法を紹介しましょう。




『車のステッカー(シール)の剥がし方』ガラスに貼ったドラレコステッカーはどうすれば良い?