韓国製の2カメラ式ドラレコ『INBYTE FineVu X3』が面白い!?

 

前後を同時に録画できる、
2カメラ式ドライブレコーダーが今人気ですね。

各社色んな2カメラ式モデルが、
次々と発売されています。

 

ドライブレコーダーの生産王国と言えば、
中国・台湾・韓国あたりが代表的なのですが、
日本にも多数のモデル輸入されています。

例えば韓国製ではINBYTE(インバイト)が有名で、
このメーカーではもうすでに数年前から2カメラ式を中心に、
ドライブレコーダーをラインナップしています。

 

そこで今回は、このINBYTEの主力商品である
2カメラ式ドライブレコーダー、「FineVu X3」
をレビューで評価してみたいと思います。




 

韓国の2カメラ式ドラレコ FineVu X3とは?

韓国の2カメラ式ドラレコと言えば、INBYTEを
連想するほど同社は人気メーカーですが、
FineVu X3も手慣れた感じの仕上げを見せています。

 

本体ボディの大きさはコンパクトなのに、
3.5インチの大型液晶モニターを搭載。

この大きなモニターを使い、
全ての設定操作を本体のタッチパネルで行えるため、
後から大画面で見る以外にパソコンを必要としません。

一方リアカメラは、リアガラスの内側に貼るタイプで、
比較的配線がやりやすい設計になっています。

 

興味深いのは、
クルマのシガーライターから取れる電源ソケットだけでなく、
標準で常時電源ソケットも一緒に付属していること。

 

この常時電源コードを使うことで、
駐車監視機能が可能になります。

この機能で駐車中にクルマへの衝撃があったり
カメラの前を動くモノが現れると、前後計40秒間を記録し
別ファイルに保存することができます。

 

これは愛車を監視する上で
とても便利なので、ぜひ活用したい機能です。

では、その他の機能を紹介すると共に、
画質のほどを確認すべく、
商品概要をこちらの動画で見てみましょう。

 

さらにタッチパネルの操作感は、こんな感じ。

動画のモニター表示は韓国語ですが、
日本仕様は日本語表示になっています。

 

INBYTE FineVu X3のユーザーレビュー

次に実際の使用感を、ユーザーの
皆さんのレビューで確かめてみましょう。

 

★「本製品は韓国製のようだが、日本国内では日本仕様で販売しており、50ページの丁寧な日本語取説付きだ。リアカメラも高画質なのが特長で、親切にもモニターでのリア映像は左右反転しており、バックミラーの感覚でモニターできる。画角は割と広角だが、画質や明るさの変更はできない。記録映像はMP4形式なのでどのプレーヤーでも再生可能だが、専用ビュワーを使うと前後2画面同時再生や、スロー・拡大などができて便利だ。」

★「取付けは自分でやると大変だが、設置さえ済めば快適なドラレコ動作を実感できる。ドラレコは4台持っているが、この製品の画質は夜間のみ少し悪いかなと言った印象。しかし後方も録画できるし、価格帯を考えれば満足できる。」

★「フロント・リア共に100万画素の720pなので、リアは良いがフロントは1080pが欲しいところ。少し暗めに映る感じがするので、露出補正があると良かった。夜間の明るさはまずまずだがノイジーだ。レーダー探知機・カーナビ・地デジにはノイズが出るような影響はなく、ちゃんと対策はなされているようだ。取付けは本体・リアカメラとも上下方向にしか稼働しないので、左右方向の調整がいらないように、フロントガラスの真ん中に付ける必要がある。」

★「昼間の映像は、なかなか綺麗。夜間はナイトモードがあるが、画質は正直良くはない。車線逸脱警報と先行車発進通知は、上手く作動しないケースも多々。リアカメラは防水がなく車内に取り付けるタイプなので、ガラスに濃いフィルムが貼ってあると上手く写らない可能性がある。」

 

INBYTE FineVu X3の評価

レビューにもあるようにFineVu X3のスペックは、
100万画素・1280px720pのHD画質のため、
フルHD仕様ではないことが残念な要素となっています。

 

が、実際映像を見てみると全体的に少し輪郭が荒いものの、
他のフルHD機と比べてもそれほど遜色を感じませんね。

 

昼間の映像を見る限り、
ドライブレコーダーとして問題のない画質です。

 

夜間はナイトモードのおかげで明るいものの、
先行車のナンバーが
白飛びしたりして読めないことが惜しいです。

またさらに、夜間は
ノイズがもっと少ないと良いですね。

 

とは言え、昼夜共に実用性は十分ある
画質と言って良いでしょう。

 

このドラレコが今どき敢えて
フルHD仕様ではないのには、実は理由があります。

それは、前後2つの映像を1枚のSDカードに記録しても、
むやみにデータ量が増えないようにしていることです。

 

前後ともフルHDにしてしまうと確かに高画質にはなりますが、
64GBや128GBのような大容量カードを使用しないと、
わずかな時間しか記録できなくなってしまいます。

本品には16GBのカードが付属しますが、
HD仕様に抑えたからこそ使える訳で、
メーカーはこの辺りをこだわったのでしょう。

 

あと良い点では、常時電源コードが付いているので
標準キットだけで
駐車監視機能を使うことができます。

1度機能を設定すれば、エンジンOFFで
自動的に駐車監視モードに入るので、
停止のたびに切り替えるわずらわしさがありません。

このドラレコを購入するなら、ぜひ使いたい機能です。

 

また、データをためたSDカードが、
フォーマットフリーになっているのも便利。

毎日録画を続けて、
たびたびカードをフォーマットするって、
意外と面倒ですからね。

 

気になるのは、他製品と比べ
初期不良がちょっと多いこと。

もっと品質管理を向上させることで、
より人気が高まるのは間違いないでしょう。

 

「前後2カメラ式」「駐車監視機能」にこだわる人は、
1度注目すべきドライブレコーダーと言えると思います。

 

2
または
3

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください