『Transcend DrivePro 230』レビュー評価:DrivePro 220との違いは?

 

価格が安い割に機能が豊富で、
コスパの高いTranscend DrivePro 220

GPS内蔵・Wi-Fiや運転支援システムなど搭載し、
評価の高いドライブレコーダーです。

 

このドラレコがこのたび改良され、
「DrivePro 230」として登場しました。

 

どのように進化したのか220との違いを並べ、
DrivePro 230の魅力をユーザーレビューで、
今回は評価してみたいと思います。




 

Transcend DrivePro 230と220の違い

 

まずは、外観の違いを述べてみましょう。

 

両機とも大きさはほぼ同じで、
重さが10gほど230の方が軽くなっています。

 

デザインも似ていますが、外部カバーが
ツヤありからツヤなしへ変更されました。

これは、フロントガラスへの写り込みを少なくし、
クリアな映像を得るための仕様変更だと思います。

 

あと外観で変わったのは、
付属のアタッチメントが両面テープタイプから、
吸盤タイプになったこと。

 

その意図は、本体の取付けをガラスだけでなく、
ダッシュボードにも対応したことにあります。

吸盤でダッシュボードへの取付けが可能になると、
ドラレコを簡単に着脱させることができるので、
レンタカーやシェアリングカーにも使える訳ですね。

 

またセンサーはどちらもフルHD1080pですが、
230はセンサーをSONY Exmorへ変更、
さらなる高画質化を目指しています。

 

運転支援システムも、項目を充実。

 

それまで車線逸脱防止システムだけだったのが、
前方衝突警報システムと、

ヘッドライト・リマインダーシステム、
そして長時間運転アラート機能を追加しました。

 

前車への追突を警告したり
ヘッドライトの点灯忘れを知らせ、
ドライバーの疲労防止に休憩を促す機能です。

 

ナイトモードも搭載したことで、
夜間でも見た目以上に明るく写ります。

 

機能性能はアップしながら、
評判の良かったGPSやWi-Fiは継承されていますから、
ユーザーには不満のない内容と言えるでしょう。

 

ではここで、メーカー提供の
商品概要を動画でご覧下さい。

 

そして、あるユーザーが録った昼間の
走行映像も続いてご覧いただきましょう。


協力 福岡おでかけチャンネルさん

 

Transcend DrivePro 230のユーザーレビュー

 

次に実際にDrivePro 230を使っている、
ユーザーの皆さんのレビューを集めたので、
使い心地等を確かめてみたいと思います。

 

その後で、このドライブレコーダーの
評価に移りましょう。

 

★「使用感としては、問題のないレベル。対向車のナンバー確認は難しいが、前方車両の確認はもちろん可能なので、問題はないと思う。(この価格帯はみな同じレベルかと)付属で16GBのマイクロSDカードが同梱されていたが、最大128GBまで使用可能のようだ。Wi-Fi付きなので、スマホアプリで確認や設定変更ができるが、使用頻度は多くない。GPS付きは良い。日付の確認をしなくて良いので。」

★「昼間だけでなく、夜間も結構きれいに撮れる。ブラケットが長いためミラーの裏に付けた場合、本体がミラーの下まで出て来る。撮影中の映像が確認できるので、それはそれで良いのだが・・・。」

★「スマホとの接続は、本体のボタンを押してスイッチオン。スマホ側ではWi-FiでDRIVEPROを接続としてから、アプリを起動すればつながる。画質は良い方だと思うが、端の方はやはり潰れやすいのか、対向車のナンバーが潰れて確認できないことがある。逆光やガラスの汚れなどの条件にもよる?本体のサイズは少し大きめかな?前方から見ると、少し存在感がある。マウントはガラス吸盤で今のところ落下はないが、急制動の時などは未知数だ。」

★「夜間の映像に関しては文句なし。目で見て暗い夜でも230を通して見ると、夕方~夜間にかけての明るさを保っているかの映像で、しっかり現場を録画してくれる。ただSDカードに対して品質チェックを行っているようで、書き込みの遅いSDカードの場合は認識しないことがある。付属のSDカードと同程度のクラスを使用しよう。」

 

Transcend DrivePro 230の評価

 

比較的価格の安い製品でありながら、
GPSだけでなくWi-Fi機能までも搭載されているのは、
かなりコストパフォーマンスが高いと言えます。

他社の同価格帯の製品はGPSこそあるものの、
Wi-Fiは付いていないものが多いですからね。

 

デザイン的には可も不可もなしですが、
レビューにもあるように、
本体が大きめで付属のアタッチメントも長め。

車内では結構目立ち、それが
気になるドライバーもいるかも知れません。

 

極力、視界の中に入れたくないユーザーには
不向きなドラレコでしょう。

 

しかし全体的に見れば、大きいことを除けば
安定した露出を得られる画質です。

特に夜景がきれいな場所での画質は、
Enhanced night Viewと呼ぶナイトモードのおかげで、
明るくハッキリと映るのは魅力ですね。

 

220に付属のアタッチメントが両面テープ式だったのを、
230では吸盤式に変更したのは、

ダッシュボードへの取付けを可能にしただけでなく、
車外へ持ち出しできるように考えられています。

 

本体にはリチウムバッテリーも内蔵しており、
事故のショックで電源を断たれても録画を続行できるので、
大事な瞬間が録れないことがありません。

 

価格は抑えたいが、
GPSやWi-Fiにはこだわりたいユーザーなら、

初心者から上級者まで満足度の高い
ドライブレコーダーだと言えるでしょう。

 

2
または
3

 

 

 

2件のコメント

  • 川野秋男

    3台の車で共有したのですが、可能ですか。他の車へ移す場合は、取り付けは簡単ですか

    • 川野様、コメント有り難うございます。
      「DrivePro 230」はアタッチメントを吸盤式に変えことで、本体の他車への移し替えは容易になっています。
      ただ、記録するSDカードを使い回しすると、どのクルマのデータなのか分からなくなって、ごちゃごちゃするかも知れません。
      3台で共有するなら、3枚のSDカードを使い分けた方があとからデータ管理で苦労することがないでしょう。
      よろしくお願いします。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください