ドライブレコーダーは、純正品か社外品かどっちを選んだら得する?

 

新車を購入する時、カーナビと一緒にドライブレコーダーも
同時に付けてしまおうと考える方は多いことでしょう。

カーナビは今や純正品を選ぶのが一般的となっていますが、
しかしまだ発展途上にあるドラレコは、
純正品社外品かで悩む方もいるのではないでしょうか。

 

正直なところどちらが良いのか、
決定打と言えるべき要因はありません。

果たしてどちらを選んだら得なのか
今回あえて述べてみたいと思います。




 

ドライブレコーダー純正品の最大のデメリット(ネック)は、その価格

 

 

製品の種類からすると、今のところドラレコは社外品の方が多く、
デザインバリエーションも広いですね。

取り付けにアタッチメントを使うスタンダードタイプを中心に、
本体を直接ガラスに貼り付けるタイプ、
本体とカメラが分かれた分離タイプ、またミラー型タイプと豊富です。

そうそう、全周囲記録できる
360度タイプのドラレコもありますね。

 

売れているのも、やっぱり社外品モデルが圧倒的。

 

売れている理由は、バリエーションの広さと言うのもありますが、
突き詰めるとその価格の安さによるものだと思います。

純正品は自動車メーカーによっても違いますが、
安いものでも2万円以上します。

 

性能・機能が充実したモデルなら、
3万円~それこそ5万円以上もするのです。

それに加えて取り付け費用も必要ですから、
合計で7万円に届くものだってあるんですよ。

 

で、価格相応に性能や機能が優れているのかと言えば、
そんなことはありません。

低グレードの2万円ほどのモデルなら、社外品のせいぜい
5千円くらいのモデルのパフォーマンスしかありません。

性能は、だいたいHD100万画素くらいですからね。

 

ドライブレコーダーは、
フルHD200万画素の性能があれば十分と言われていますが、
それなら社外品は1万円も出せば買うことができます。

しかも給電をシガーライターから行うタイプを選べば、
自分で取り付けることだって可能。

つまり、取り付け費用が0円で済むってことなんです。

 

対して純正品はシガライターからではなく、
クルマのヒューズボックスから給電するのが基本で、

自分での取り付けは困難ですから、どうしても
7千円~8千円ほど工賃を取られてしまいます。

 

「え~、じゃあ、純正品って全然魅力ないじゃん」

 

きっとあなたは、そう思うかも知れませんね。

いやいや、そんなことはありませんよ。

 

価格が高いなりに、
純正品ならではのメリットもあるんです。

それを次にお伝えしましょう。

 

純正品ドラレコを選ぶメリットは、見栄えと信頼性

 

 

高いと言われる純正品ドライブレコーダーですが、
なのに選ぶメリットはその見栄えの良さにあります。

 

デザインをカーメーカーとドラレコメーカーと共同で行っているため、
車内でのフィット性が良く後から付けた感覚が少ないのです。

配線もきちんと綺麗に行ってくれますから、
見た目もスッキリしていますね。

まるで標準で付いている電装品のように、車内でなじみます。

 

それからあなたが純正のカーナビも装着した場合、
ドライブレコーダーで録った映像を、

カーナビのモニターで確認できる機種が
多いのも魅力のひとつでしょう。

 

純正品のドラレコは、
値段が高いのにモニターレスのモデルを良く見かけますが、
これは映像をカーナビで見ることを前提としているんです。

ただし少し古いモデルになると、モニターレスでも
カーナビで見ることができないものもありますが・・・。

 

特に最近は、純正のカーナビと連動して、
録った映像をそのままSDカードを抜かずに、
ナビの操作で確認できるものが増えているんです。

社外品でも同じことができる機種はありますが、
ドライブレコーダーとカーナビが、
同じメーカーであるなどの制限がありますね。

 

それからもうひとつ、純正を選ぶメリットがあるんです。

 

それは、純正品は信頼できる大手メーカー製が多いため、
耐久性に優れるモデルが多いこと。

 

つまり、簡単に壊れないとか、
暑い夏の車内でもへこたれないのが当たり前。

なのでメーカー純正品は、購入して3年とか
6万kmのロング保証が付いているんです。

社外品は国内メーカー製のもので1年~2年、
海外メーカーなら6ヶ月~1年が常識なんですね。

 

このように考えると、純正品も
捨てたものじゃないと思いませんか?




結局ドラレコは、純正品と社外品とどちらを選ぶべきか?

 

純正品か社外品か、ドライブレコーダーは
どちらを選んだらユーザーに取ってメリットがあるのか、
スマートさを重視すれば “純正品” となるでしょう。

 

しかしそれにしては、現状ではあまりに値段が高く、
おいそれとは取り付けることができませんよね?

 

あなたがお金持ちなら純正品を選んで間違いはないですが、
取り合えず安全のために保険として取り付けたいのなら、
迷うことなく “社外品” の方をおすすめしたいと思います。

 

冒頭で記したように、ドライブレコーダーは
純正品でもまだ発展途上の製品ですから、
カーナビのように長い間使えるかどうかは分かりません。

それに今後、安くても
性能・機能・耐久性に優れた魅力ある社外品が、
次々と登場する可能性が十分にあるでしょう。

 

ならば、今のところはそこそこの価格で買える社外品を、
壊れたら都度買い替えるのが得だとも私は考えます。

 

どちらを選ぶかは最終的にあなたの判断となりますが、
初めてドライブレコーダーを購入すると言うのなら、
まずは製品を知る意味でも社外品を使ってはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください