『コムテック ZDR-022』レビュー評価:旧ZDR-012との違いを比較で検証!

 

ここしばらくのドライブレコーダーの話題は、
前後2カメラ式モデルに集中しています。

しかし、2カメラ式モデルはそれなりに高価格のため、
初めてドラレコを購入する方に取って、
取り付け・取り扱いも含め敷居が高くなります。

 

そのせいもあってか、結果的には、
小型で機能もシンプルで使いやすい、
価格の安いシングルカメラモデルが売れ筋です。

 

その中で価格以外に、
ユーザーの皆さんが求めるのは、

信頼のおけるメーカーで、
信頼のおける製品を選びたいと言うもの。

 

そうやって考えると、日本のメーカー製で
“Made in Japan” にこだわることでしょう。

 

この度発売された「コムテック ZDR-022」も、
購入候補の1つになるかも知れませんね。

今回はそんなZDR-022にスポットを当て、
ユーザーレビューを基に評価してみようと思います。




 

コムテック ZDR-022はどんなドラレコ?旧ZDR-012との違いは?

 

ZDR-022は、
低価格でありながら基本が優れ人気の高かった、
ZDR-012の新型に相当します。

決して見てくれだけを少し変えた、
マイナーチェンジモデルではありません。

 

ボディデザインから一新した、
フルチェンジモデルとなっています。

そして “Made in Japan” と銘打って、
品質の高さをアピールした製品です。

 

基本的な性能は
ZDR-012と同じフルHD200万画素ですが、
機能がいくつも増えて魅力をアップ。

まずは駐車監視機能を充実させています。

 

例えば外部の衝撃で素早く録画を開始、これを
24時間365日監視できるようになりました。

タイムプラス機能も新採用し、
駐車中のコマ撮り録画も可能です。

 

通常走行では安全運転支援機能を新搭載、
「先行車発信お知らせ」「前方信号青お知らせ」、

また急が付く操作を検出した時に作動する
「ドライブサポート」が付きました。

 

あと、夜間走行時周囲を明るく記録する、
ナイトビジョンも新採用されています。

 

ただ、モニターは2.3インチから2.0インチへ小さくなり、
センサーも1/3.0型から1/2.7型へ小さくなりました。

撮影レンズもF2.0からF2.2へと、
ちょっとばかり暗くなりましたね。

 

しかし、画角は135°から150°へと広角になり、
左右の記録される範囲が広くなっています。

本体の容積は、全体的には両機とも同じくらいですが、
重量が79gから70gへと軽量化されています。

 

ちなみにGPSはZDR-012はもちろん、
ZDR-022も同様に搭載されていません。

 

では画質はどんなものでしょうか?

 

比較映像ではありませんが、
あるユーザーがテスト録画した
ZDR-022の動画を見てみましょう。


協力 X PUNTOさん

 

データが圧縮されているせいか、
少しもの足りない映像に見えますが、

全体的にコントラストが高く
明るいものになっていると思います。

 

ただし夜間映像を見て、ナイトビジョンの効果が
出ているのかどうかは良く分かりませんね。

メーカー提供の動画を見ると、もっと
クリアな感じで写っているのが分かりますよ。

 

ZDR-012との比較では、ほとんど
画質差がないように思います。

強いて言えば、若干ZDR-022の方が
解像度が高いかな?と言う感じです。

 

それでは次に、ネット上で集めた
ユーザーレビューをご覧いただき、
その後で本機の評価と参りましょう。

 

コムテック ZDR-022のユーザーレビュー

 

★「日本製のドラレコが欲しかったのとGPSは要らなかったので、これに決めた。届いた本体はビックリするくらい小さくて、直接配線も購入して付けたので、視界の邪魔にならずスッキリ!録画した映像を見たが、とても綺麗に写っていた。信号もバッチリだ。あとは1年の保証内に何かあった時、対応が良ければ完璧だ。」

★「200万画素としては画質も良く、前車のナンバープレートも良く見えている。昼間の照り返しや夜間のライトのギラツキもよく抑えられている。ただ取り付けの問題なのか、Gセンサーがシビア過ぎるのか、設定を変えても交差点で曲がる際や、小さなギャップを乗り上げた時のわずかなショックを感知し、”急ハンドルを検知” とか言って映像を保護しているようだ。」

★「操作性は良いとは感じない。メニューを開くのに、いちいちメニューボタンを長押ししなくてはならず面倒。画質には不満はない。ただレンズの明るさ示すF値はF2.2で、同社の他のモデルと比べるとやや暗い。少しの差だが集光能力は、F2.0の方が1.2倍の違い。F1.8のレンズと比べれば、その差は1.5倍。なぜこのモデルはF2.2なのかが謎。本体の取り付けは吸盤ではなく、両面テープで貼り付けるタイプ。角度調整は、六角レンチでネジを緩めて締めなおさないといけないのが面倒。また、広い画角で録画できる点が良い。」

★「地デジやETCに干渉するかと不安だったが、車両3台に試したところ、全て干渉しなかった。画質や性能には個人差があるだろうが、私は十分だと思う。」

 

コムテック ZDR-022の評価

 

ZDR-022は際立って小型軽量モデルなので、目立たず
車内で邪魔になることはありません。

取り扱いも容易なので、
初めてドライブレコーダーを購入する人でも、
安心して使えると思います。

 

価格が安いだけに、スマホ等と
ワイヤレスで連携できる機能はありませんが、

常に映像を確認する機会などありませんから、
高度な飛び道具的な機能は不要でしょう。

 

ならば、このドラレコを選ぶ要素は
どこにあるのと問われるなら、それはやはり
日本製で壊れにくい製品であることですね。

ドライブレコーダーを実用的に使いたいユーザーなら、
基本的な性能がしっかりしていれば、
後は故障せずに動いてくれれば良いと思うハズ。

 

しかもそれができるだけ安く手に入るとすれば、
当然購入の候補に入れるでしょう。

そんなユーザーをターゲットに
開発されたドラレコが、
ZDR-022ではないでしょうか。

 

これは画質を含め、性能的に高かった
ZDR-012から一貫していますよね。

ですから、このモデルを選ぶ方に取っては、
GPSが付いてなくても大した問題ではないと思うのです。

 

Gセンサーの感度が敏感すぎるとの声が多いので、
一刻も早く改善してほしいものですが、このように

実用性重視の製品がドラレコの普及に、
大きく貢献するのは間違いないでしょうね。

 

2


または

3


 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください