『ドライブレコーダー SDカード』上書き前の映像データを復元することは可能か?

 

あなたは大切なドライブレコーダーの映像を、
うっかり上書きしてしまったことはありませんか?

 

例えば、走行中事故に遭遇して、
別の車と接触してしまった。

過失は相手側にあるので、
後日ドライブレコーダーの映像を、
証拠として利用しようとした。

ところが何と、肝心のデータが
上書きされ残っていなかった。

 

本来ならGセンサーが働いて、
別ファイルに保存されるべきなのに、

軽い接触だったために
別ファイルが生成されなかった・・・。

 

また、データをバックアップしようと、
PCにコピーしたまでは良かったが、その時
必要なファイルをうっかり削除してしまった、

・・・何てこともあるかも知れませんね。

 

大切な映像がないため、本来なら
あなたの方が被害者であるべきところ、

思わぬ不利な展開になってしまうことも、
十分に考えられることです。

 

果たして
上書きしてしまった映像データは、
もう、復元ができないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

消去されたデータは、実は高い確率で
もとに戻すことが可能なんですよ。

 

今回は上書きされたり、うっかり削除した
データを復元する方法について、
述べてみようと思います。




 

肝心のデータが発見できないなら、無料ソフトを試してみよう

 

ドライブレコーダーの映像データは、
SDカードの容量が一杯になると、

録画ファイルを古い順に消去して
新しいデータを録画して行きます。

 

いっぺんにすべてを消去するのではなく、
1分~5分程度に分断されたファイルを
1つずつ消去しながら上書きするのです。

 

なので、容量の大きい
録画時間の長いSDカードを使っていたら、

もしかしたら上書きされないまま、
データが残っているかも知れません。

 

もう1度ファイルをチェックしなおし、
必要な映像がないことを確認したら、

無料で使えるデータ復元ソフトを
インターネットからダウンロードして、
試してみましょう。

 

おすすめの1つは、
ドラレコ専用データ復旧ソフト
「Drive Recorder復旧」です。

 

このソフトの特徴は、上書きされ
消去された映像データの復元だけでなく、

事故の際の電気的ショックを受け
破損したデータでも復元できること。

 

実際の復元のしかたを動画公開しているので、
これに従い作業を進めると良いと思います。

実際の動画は、次の通り。

 

 

このソフトを利用する上で注意することは、
必ず作業をPC上で行うことです。

 

それから無料だと言っても、
あくまでお試し版のことなので、
使えるのは、1回限り。

2回目からは有料となるので、
良く覚えておきましょう。

 

それから、2つ目に使えそうなのは、
RENE.E Laboratoryの
「Renee Undeleter」です。

 

このソフトは使い方がウィザード形式で、
操作方法が分かりやすくて復元も迅速です。

 

こちらの

「ドライブレコーダー用SDカード
上書き復元・ループ録画方法」

ページに使い方が記載されているので、
参考にすると良いでしょう。

 

Renee Undeleteも無料で使えますが、
無料体験版としての利用ですから、
やはり2回目以降は有料になります。

作業はもちろんPC上で行います。

 

何度もデータ復元を行うのなら、初めから有料版を

 

 

ドライブレコーダーのデータ復元に対し、
無料復元ソフトは1度しか使えません。

 

なので、不便を感じたり
上手く復元できなかった場合は、
有料版を使ってみてはどうでしょうか?

 

何度か複数回使うことが分かっていたら、
有料版を利用するしかありません。

無料版は所詮お試し版なので、
有料版なら使い勝手も良くなります。

 

「Drive Recorder復旧」や「Renee Undeleter」は、
ダウンロードして使うのが基本になります。

 

しかし、有料オンリーの
「ファイナル11plus 特別復元版」なら、

ダウンロード版もありますが、
パッケージ版も用意されています。

 

これは、データ復元ソフトとして有名な製品で、
ドライブレコーダーのデータ復元だけでなく、
HDDやUSBメモリーなどの復元も可能な総合ソフト。

PCのHDD復元にも威力を発揮するので、
PCの使用が多い方ならこちらを購入する方が、
便利に使えるかも知れません。

 

ただ「ファイナル11plus 特別復元版」でも、
データ復元は完ぺきではなく失敗例もあるので、
その点は認識しておいた方が良いでしょう。

 

2


または

3

ドライブレコーダーのデータ復元を確実にするなら、最後はプロに

 

ドラレコSDカードのデータを復元するのに、
無料または有料のソフトを使うことで、
それが可能なことを今回お伝えしました。

 

しかし、ソフトを使うのが苦手だったり、
面倒だと感じる方もいることでしょう。

また、正しい方法で作業したはずなのに、
上手く復元できない場合だってあります。

 

事故の過失責任を問われそうな場合、
自分の身の潔白をどうしても
証明したい一件もあるかも知れません。

こんな場合、頼りになるのはプロの手です。

 

そのために存在するのが、
専門のデータ復元業者ですね。

ここでは、2社ご紹介しましょう。

 

1つ目は「データ復旧サービス」

もう1つが「GUARDIAN+R」です。

 

どちらもうっかり上書きして、
ファイルをなくしてしまった時だけでなく、

事故でドラレコが破損した時の、
データ復元にも活躍するプロ集団です。

 

プロだけに専門の技術者や設備を揃えており、
データ復活の確実性は極めて高くなります。

ただし、費用もそれなりに必要ですから、
個人での依頼は少し敷居が高いと言えますね。

 

自分の言い分をどうしても主張したいが、
肝心のデータを消失した場合に、
上記2社のような専門業者を頼ると良いでしょう。

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください