『セルスター CSD-630FH』レビュー:ミラー型ドライブレコーダーとしての評価は?価格は?

ミラー型ドライブレコーダーの上級機
「セルスター CSD-630FH」の評価や、
価格に付いてレビューしてみたいと思います。

 

ミラー型でありながら一体型ではなく、
本体とカメラが別々となる分離型ドラレコ。

カメラの取り付け位置に自由度が大きく、
ドライバーの視界を妨げません。

 

また、最大12時間録画のできるパーキングモード(駐車監視機能)を搭載、
より安心感を与えてくれる製品なのが魅力ですね。




 

そんな訳で、このドラレコの製品概要の解説と、
リアカメラとして使用したサンプル映像の動画がありますので、
少し長いですがご覧下さい。


協力 aatoZ1さん

 

そして次に、実際に使いこなしているユーザーの皆さんの評価を基に、
CSD-630FHをレビューしましょう。

 

★「音声案内があり、SDカードの挿し忘れも防止できる。専用のビュアーでは、映像や事故現場を検索しやすい。」

★「初めてのドライブレコーダーだ。取り付けも簡単で、操作も分かりやすい。液晶が暗いと言う声があるが、明るいと夜間の運転に支障が出やすいので、こんな感じで良いと思う。パソコンで動画を確認すると、しっかり撮れている。」

★「起動時と終了時のチャイムが心地良い。ダッシュボードの上がスッキリとして、カメラもミラーの裏側だから、視界に入らず期待以上だ。だが、路面の凸凹から来るショックに対しミラーが細かく振動し、後方が確認しにくい。単純なワイドミラーでは起きない現象なので、電子回路の重さが原因の1つかも知れない。テープで補強したが、軽量化を図らねば問題は解決しそうになさそうだ。」

★「大陸製のものと悩んだが、日本製にはかなわないと思い2台購入した。電源が従来の2極から3極へ変わったようだ。駐車監視モードがあるが、オプションの電源ケーブルの価格が高いので今回は見送り。電池を内蔵すると良いのではと思う。」

 

では、あれこれ語りましょう。

 

何と言ってもこの製品の特徴は、ミラー型でありながら
本体とカメラが離れていることですね。

ドライバーを交代してミラーの向きを変えても、
カメラの位置がずれてしまうことがありません。

また、衝突事故のショックでミラーが傾いたりしても、
しっかりとその瞬間の映像を残すことができます。

 

駐車監視モードが最大12時間作動するのも良いところですが、
そのための電源ケーブルが別売りになっているのが惜しい気がしますね。

それでも、車のバッテリー上がりを防止するバッテリーセーブ機能があるので、
せっかくならこのモードは使ってみたいものです。

 

パソコンでモニターすれば分かるのですが、ちょっと暗い映像になっている
感じがするものの全体的に画質は良く、HDRの効果もあってか
白飛びや黒つぶれも少なく、露出が安定している点は評価できるでしょう。

 

あと、路面から来るショックで、
ミラーが振動する傾向があるようです。

ドラレコ本体が重いのも原因かも知れませんが、
車両側に付いている純正ミラーを支えるステーが
軟弱なことで起こることもあるでしょうね。

他社のミラー型でも同じような問題を抱えているので、
この手のドラレコが持つ共通する悩みかも知れません。

取りあえずの対策として、純正のミラーとドラレコとの間に
何か緩衝材となるシートを挟むと、
多少効果が得られるのではないかと思います。

 

価格に関して言えば、少し高めな設定ですね。

それでも、日本製でメーカー保証が3年もあり、
多少価格が高くても他機とは信頼感が違います。

 

ミラー型が好きで、基本性能の良さやアフターフォローを重視する方に、
おすすめのドライブレコーダーと言えるのではないでしょうか。

 

2
または
3

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ PAPAGO! GoSafe GS268-16G

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください