『セルスター CSD-790FHG』レビュー評価:オービスポイントを警告する2カメラ式ドライブレコーダー

2カメラ式ドライブレコーダーがこのところ人気ですが、
セルスターでは以前より2カメラ式モデルをラインナップしていました。

 

ただし、リアカメラは主に車内の撮影に向けたもので、
タクシーでの使用が多くを占めており、
暗い夜でも写るようナイトビジョン機能を搭載した仕様です。

「CSD-790FHG」はリアカメラを別体としてリアウインドウに取り付け、
後方から追従する車両を撮ることを目的とした設計になっています。

 

今回はCSD-790FHGの魅力に迫り、
ユーザーレビューを基に評価をしてみたいと思います。




 

セルスター CSD-790FHGの主な特徴

このドラレコはフルHD200万画素仕様で、
2.4インチの大型タッチパネルを内蔵しています。

モニターが大きい割にはボディが小さめなことから、
ドライバーの視界をあまり妨げることがありません。

 

さらに、フロントガラスに貼り付けるのをためらうユーザーに配慮し、
ダッシュボードに設置することも可能なんです。

このあたりはセルスターの良いところで、
取り付けるアタッチメントもちゃんと付属しています。

 

画質に関しては、ソニーのSTARVIS(スタービス)を搭載したことで、
暗い田舎道でも周囲を明るくクリアに記録できるようになりました。

白飛びや黒つぶれを防ぐHDRやGPSも、もちろん内蔵。

 

GPSは超高速タイプなので、
今までのモデルと比較して自車の位置や速度を、
より素早く正確に把握できるようになっています。

内蔵のGPSデータにより、
オービスなどが設置されているポイントも
事前に警告してくれますね。

 

リアカメラは、リアガラスの
内部に貼り付けるタイプ。

残念ながら防水機能はないので、
車外に取り付けることはできません。

画質はHD100万画素、STARVISにも対応しておらず、
本体カメラより記録映像は劣ると言えるでしょう。

 

その他、本体には数種類の運転支援機能が付いていたり、
有り難いのはSDカードがフォーマットフリーとなっていることで、
ユーザーをわずらわしいフォーマットから解放しています。

と言うことで、ここで実際の昼間の画質を、
あるユーザーの動画で確かめてみましょう。


協力 seirokiさん

 

この動画を見る限り、昼間に関しては十分な高画質を保っており、
前方のクルマや対向車のナンバーを読み取ることに問題はなさそうです。

 

セルスター CSD-790FHGのユーザーレビュー

では今度は、すでに愛用している
ユーザーの皆さんのレビューを集めたのでご覧いただき、
この後にCSD-790FHGの評価をして行きたいと思います。

 

★「中華製のものは保証がないのも同然だし、日本製メーカーの中でもかなり画質もよく、これ一択だった。レーダー探知機とリンクできるのも、購入の決め手だった。」

★「エクストレイルに取り付けたが、リアカメラの配線がかなり余ってしまった。大型のワンボックスにも対応できるようなのだと思う。使い勝手は取扱説明書を一度読めばわかり、感覚で操作できる。」

★「SDカードの容量にもよるが、付属の16メガではほとんど記録できない。またSDカードが異常に熱くなる。中国製の安物ドライブレコーダーや純正ドライブレコーダーより、はるかに熱くなっている。それからパソコンでは、専用ビュアー以外だと正常に見られない。特にリアの動画は、色んなコーデックを入れたがダメだった。警察は専用ビュアーを、警察のコンピューターには入れてもらえない。なので事故や煽りの証拠にできないかも知れない。更にスゴく熱に弱い。ダッシュボードへの取り付けは、絶対に辞めるべきだ。」

★「価格的に他製品と比べると少し高めではあるが、取り扱いやすさ・記録映像の鮮明さに満足している。」

 

セルスター CSD-790FHGの評価

CSD-790FHGは、煽り運転等で2カメラ式ドラレコの
需要が高まってからデビューした製品であるため、
その性能や使い勝手に優れたモデルになっています。

昼間はもちろん、今回はありませんが
夜間の画質もSTARVIS搭載だけあり、
明るく鮮明に録画することが可能です。

 

ただ、照明のない暗い道に露出をSTARVISに合わせると、
明るい街中ではビルのネオンやライトに照らした

ナンバープレートの文字が白飛びして読めなくなるので、
弱めに設定した方が良いでしょう。

 

とは言え、これらは前方を録画するフロントカメラのみに言えることで、
リアカメラでは画素数が100万画素となりSTARVISにも対応していません。

当然画質は、フロントと比較して
劣ってしまうのは否めません。

 

しかし、前後ともにデータを1枚のSDカードに記録することを考えれば、
少しでもデータ量を減らすための妥当な仕様と言えます。

それでも現状でさえ、かなりの容量がカードの中に入ることを考えると、
付属するSDカードはせめて32GBのものをおごってやって欲しいと思います。

 

それから、録画されたデータを普通にWindows Media Playerで再生できず、
専用のビュアーを使わないとダメなのも残念なところです。

 

ユーザーレビューによれば、Windows10の
Media Playerなら何とか再生は可能だが、

それでもフロントカメラの映像だけのことで
リアカメラの映像は不可能だとのこと。

 

この先はぜひアップデートで、再生だけは前後とも
Media Playerでも再生可能にして欲しいですね。

 

細かいところは不満が残るものの全体的に性能・機能・画質は良く、
タッチパネルで直感的な操作ができるので、
ドラレコ初心者にも使い勝手の良さを実感できることでしょう。

日本製で、3年間のメーカー保証が付いていることも、
信頼して購入できる2カメラ式ドラレコと言って良いと思います。

 

2


または

3


 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください