ドライブレコーダーでアクションカメラのように、電源内蔵でケーブル不要なモデルが欲しい!『ミッドランドXTC290 レビュー』

 

ドライブレコーダーが欲しいけれど、
電源を取るためのケーブルの配線に、
抵抗がある方も多いようです。

 

例えばレンタカーを借りた時に、
一時的に設置したい場合でも、

ドラレコ本体に電源を内蔵していれば、
便利に使うことができるでしょう。

 

一般的に、
ドラレコに電源を内蔵しているものは、
新しいモデルなら普通にあります。

ですがどれも容量が少なく、
せいぜい5分から、
長くて30分程度の録画しかできません。

 

となると、同じような構造である
アクションカメラがベースで、

エンドレスでループ録画が可能なモデルなら、
ドラレコとして使うことが可能です。

 

そんなモデルはいくつがありますが、この
ドラレコ x アクションカムはいかがでしょう。

 

それは、「ミッドランド XTC290」
デュアルモードビデオカメラです。

 

今回はユーザーレビューを基に、
XTC290を評価してみることにしましょう。




 

ミッドランド XTC290 デュアルモードビデオカメラとは?

 

 

XTC290は付属のアタッチメントを使い、
バイクのハンドルやヘルメット・腕などに装着し、

ドライブレコーダーやアクションカメラとして
迫力ある風景を録画できるカメラ。

 

本体のスライドスイッチの切り替えで、
ループ録画が可能になドラレコに変身します。

 

フルHD200万画素のソニー製センサーを搭載、
高画質な映像を期待できます。

 

本体には、バッテリーとなる
680mAhリチウムポリマーを内蔵して、
2時間ほど録画が可能です。

 

もっと長時間の録画をしたいなら、
付属のUSB充電ケーブルを使い、車にある

USBポートかUSBカーチャージャーを介して、
シガレットライターから給電できますよ。

 

ではこちらのメーカー代理店が提供の動画で、
商品の概要と画質のほどを確認してみましょう。

 

さて肝心の本体の車への設置ですが、
付属のアタッチメントは動画でご覧の通り、

バイクや腕に取り付けるものしかないので、
そのままでは難しいと思います。

 

なので、
別途にサクションカップマウントを用意して、
ダッシュボードに装着すると良いでしょう。

本体とこのマウントの接続には、
付属の本体用ブラケットを使います。

 

本体用ブラケットのネジ穴と、
マウントのネジ径は確認は取れていませんが、

どちらも一般の1/4インチだと思われますので、
恐らく使って大丈夫でしょう。

 

では、実際の使い勝手はどんなものでしょう。

あれこれネット上で、
ユーザーのレビューを見つけましたので、
次の項でご覧いただきたいと思います。

 

ミッドランド XTC290のユーザーレビュー

 

★「予想より画質が良かった。当然GoProと比較したらかなり落ちるが、コストパフォーマンスで満足できる。ボタン操作がバイクに乗りながらでは、オンオフの判断が分かりにくい。もう少し工夫が必要。スマホとの連携ができないのは、やはり不便である。」

★「ドラレコとしての映像クオリティは、そこそこ使える。アクションカメラとしては、手振れ補正なんてないので当然だが、やはりGoProなどの方がはるかに優っている。ドラレコの録画映像が、カクカク動くように撮れている事もある。これは私が使っている日本製のユピテルでも起こる現象なので、あまり気にしなくて良いと思う。形状的には同じようなスタイルのデイトナ製があるが、これと比較しても相対的に古くなっているデイトナよりは総合的なクオリティは高いと思う。本体はアルミ製で、結構高級感はある。」

★「最近発売になったXTC290を買ってみた。とりあえず安い!小さい!ビデオカメラに比べたら、やっぱり映像の質は落ちる。風切り音もうるさく、マイクもイマイチだ。」

★「前後2カメラのドラレコと悩んだが、設置に手間がかからないことで購入。映像はコントラストがきつい。前の車のナンバーは、トンネル内でも確認できる。対向車もある程度確認できると思う。」

 

ミッドランド XTC290の評価

 

XTC290は、アクションカメラ寄りの
ドライブレコーダーと言えるでしょう。

一般のドラレコでは不可能な内蔵バッテリーで、
2時間ほどの録画を可能にしていますからね。

 

ただバッテリーの交換はできないので、
長時間録画をしたいなら、カーバッテリーか
モバイルバッテリーで給電ができる訳です。

 

ドライブレコーダーと言っても、
基本的にはバイクや自転車用として
設計されたモデル。

車から車への移動や給電に関しては、
融通が利くようになっているのでしょう。

 

しかし、一般のドラレコと比べ画質が落ちるし、
ドラレコとして当たり前に欲しい
GセンサーやHDR機能等がありません。

ただ、連続録画ができるループ録画が可能だし、
万が一の証拠映像を記録するものとして、
フルHDの十分な画質クオリティを揃えています。

 

マイカーに装着して、
常時使うドラレコとして評価すると、
不満が残る部分はあります。

 

でもどうしても、電源ケーブルを
車内にはわせるのに抵抗がある人。

そして、簡単に取り外してレンタカーや
ドラレコ非装着車に取り付けたいニーズには、
十分応えられると思います。

 

取り外して野外で使えば、アクションカム
として使えるのも便利ですしね。

これ1台で色々と使いたいユーザーにおすすめな、
ドラレコ x アクションカムと評価できるでしょう。

 

2
または
3

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください