『DC5000 カーメイト』レビュー:高性能だが、本体とSDカードを含めた価格の高さがネックか!.

 

最近は、煽り運転の影響を受けドライブレコーダーの形態も変化、
人気の的は前後の走行風景が録画できる2カメラ式タイプに移っています。

ただ2カメラ式でも、左右側面の
様子を写し出すことはできません。

 

前後と左右、つまり全周囲の様子を録画できるモデルとなると、
360°ドライブレコーダーでないと無理な訳です。

で、まだまだ360°モデルが少ない中、
カーメイトから新機種が発売されました。

 

それが『d’Action(ダクション)360s DC5000』です。

他社製品も含め360°ドライブレコーダーの弱点であった、
映像の写りの悪さを改善したモデルと言うのがウリとなっています。

 

今回は、このダクション360s DC5000をレビュー評価して、
新しいドラレコの魅力を探ってみたいと思います。




「『DC5000 カーメイト』レビュー:高性能だが、本体とSDカードを含めた価格の高さがネックか!.」の続きを読む…

ドラレコは専用のSDカードを使うことと、フォーマットが大切です。(おすすめのカードはコレだ!)

 

あなたはドライブレコーダーには、
ドラレコに適した専用のSDカード
使うべきなのを知っているでしょうか?

 

ドライブレコーダー用SDカードと言うと、
一般に「マイクロSDカード」を指すと思います。

ですがこのブログでは、マイクロSDカードを
簡略してSDカードと呼ぶことにします。

 

ドライブレコーダーを購入すると、良く取扱説明書に
『当社指定のカードをご利用ください』と書いてありますが、
実はこれ、ちゃんと根拠があることなんです。

 

今までの常識で、SDカードの用途は?と聞かれると、
まず思い浮かぶのは「デジタルカメラ」ですよね。

デジタルカメラでは素早い連写を行うために、“Class10” など
高いスピードクラスのもので、“UHS-I対応” 96MB/Sのような
転送速度の速いカードが求められます。

 

ところがドラレコ用SDカードに
求められる性能は、少し違うのです。




「ドラレコは専用のSDカードを使うことと、フォーマットが大切です。(おすすめのカードはコレだ!)」の続きを読む…