『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ

ドライブレコーダーと言えば、最近は
前後2カメラ式モデル
スタンダードになりつつありますね。

これは日本だけでなく、海外でも同じ傾向にあり、
国内外多くの2カメラモデルが販売されています。

 

ただデザインに関しては日本と海外では違いがあり、
海外製品は一般的なアタッチメントを介し、
フロントガラスに取り付けるものが多いです。

 

対して日本のメーカーのそれは、
ドラレコ本体とアタッチメントが一体化、

ガラスに取り付けると言うより貼り付ける
デザインのモデルが多くなって来ました。

 

このほどカロッツェリアから登場した
「VREC-DZ700DLC」も、
そんなデザインのドライブレコーダー。

 

フロントカメラ・リアカメラ共々、ガラスに
ペタッと貼り付けることでしっかり固定でき、
ドライバーの視界を極力妨げないようにしています。

今回は、そんなVREC-DZ700DLCを、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ」の続きを読む…

『PAPAGO! GoSafe M790S1』を取り付けてみた!話題のミラー型2カメラ式ドラレコの実際

PAPAGO!から新しく発売されたドライブレコーダー
「GoSafe M790S1」をこのほど手に入れました。

さっそく自分の車に取り付けてみましたので、
使い心地をレポートしてみようと思います。

 

この商品の特徴は、ルームミラー型でありながら
リアカメラがセットになった前後2カメラ式であること。

フロントカメラが300万画素のフルHD、
リアカメラは200万画素の、これまたフルHD仕様です。

 

日本国内ではどちらかと言えば、フロントガラスに
アタッチメントを介して取り付けるタイプの方が人気で、
ルームミラー型を好む人は少数派と言えるかも知れません。

 

しかしPAPAGO!ではあえて
ルームミラー型のメリットにこだわり、
そのシェアを伸ばそうとしていますね。

ではそのメリットはどこにあるのか、
今回たっぷり検証してみましょう。




「『PAPAGO! GoSafe M790S1』を取り付けてみた!話題のミラー型2カメラ式ドラレコの実際」の続きを読む…

『セルスター CSD-790FHG』レビュー評価:オービスポイントを警告する2カメラ式ドライブレコーダー

2カメラ式ドライブレコーダーがこのところ人気ですが、
セルスターでは以前より2カメラ式モデルをラインナップしていました。

 

ただし、リアカメラは主に車内の撮影に向けたもので、
タクシーでの使用が多くを占めており、
暗い夜でも写るようナイトビジョン機能を搭載した仕様です。

「CSD-790FHG」はリアカメラを別体としてリアウインドウに取り付け、
後方から追従する車両を撮ることを目的とした設計になっています。

 

今回はCSD-790FHGの魅力に迫り、
ユーザーレビューを基に評価をしてみたいと思います。




「『セルスター CSD-790FHG』レビュー評価:オービスポイントを警告する2カメラ式ドライブレコーダー」の続きを読む…