『KENWOOD DRV-CW560』レビュー評価:モニターをなくして価格をグッと抑えた360度ドライブレコーダー

 

 

死角を少なくしたドラレコの1つとして360度タイプがありますが、価格が高い割に画質が良くないことがネックになっていました。

そこで、画素数を増やし高画質としたにもかかわらず、液晶モニターをなくし、カメラ1つだけで水平360度の視野を確保させることで、価格を抑えたモデルが登場しました。

 

それが「KENWOOD DRV-CW560」です。

KENWOOD 360度ドラレコの第2弾となる本機を、今回ユーザーレビューを交え、実力を評価してみたいと思います。




「『KENWOOD DRV-CW560』レビュー評価:モニターをなくして価格をグッと抑えた360度ドライブレコーダー」の続きを読む…

『AKEEYO AKY-X3GTL』評価:取り付けは厄介だが、3カメラで死角の少ないスマートミラー型ドラレコ!

PR:AKEEYO製品を公式サイトから買えば、アマゾンや楽天より安く手に入る!
  【AKEEYO 公式サイト】⇒ 専用クーポンコード「AK88」をご記入下さい !(^^)!

 

ドライブレコーダーの死角をできるだけ少なくすることが、新しいモデルでは重視されています。

死角を少なくする方法としては、できるだけ広角レンズを使うこと、2カメラ式とすること、360度カメラ式とすること、そしてもう1つの方法は3カメラ式とすることです。

 

3カメラ仕様のモデルには、前後と車内を録画するタイプと前後と側面を録画するタイプがあります。

前後と側面を録画するタイプでは、「AKEEYO AKY-X3GTL」が今人気。

 

前後カメラと、ドアミラー下部に取り付けるサイドカメラを付属して、運転席から見えにくい左側面を録画することが可能なモデルです。

本体は大型モニターを内蔵した、スマートミラー型ドライブレコーダーになっています。

 

今回は、3カメラスマートミラー型であるAKY-X3GTLを、ユーザーレビューを参考にしながら、その魅力に付いて評価してみることにしましょう。




「『AKEEYO AKY-X3GTL』評価:取り付けは厄介だが、3カメラで死角の少ないスマートミラー型ドラレコ!」の続きを読む…

『アルパイン DVR-C320R』レビュー評価:カーナビと連動して扱いやすい2カメラドラレコ

 

現在、ドライブレコーダーの売れ筋は前後2カメラ式ですが、多くはカーナビと連動しない単体モデルです。

しかし、多くの車両がカーナビを搭載している現状を見れば、ドラレコとナビは連動した方がユーザーに取って便利なのは明白でしょう。

 

そのメリットとはナビの大きな画面でモニターできたり、設定もナビの画面でできて使い勝手が向上すること。

またドラレコ本体に、液晶モニターを必ずしも搭載する必要がないので、小型化が可能になります。

そんな訳で少しずつですが、ナビ連動のドラレコが増えつつあるんです。

 

最近では、アルパインもナビ連動ドラレコに力を入れており、そのラインナップの1つに「DVR-C320R」があります。

今回はこのDVR-C320Rを、ユーザーレビューを参考にしながらその魅力に迫り、評価してみることにしましょう。




「『アルパイン DVR-C320R』レビュー評価:カーナビと連動して扱いやすい2カメラドラレコ」の続きを読む…