『YAZACO P3 pro』ドライブレコーダー 3カメラ4Kモデルをレビュー!

 

ドライブレコーダーの
多機能/高性能化が止まりません。

 

最近の煽り運転の増加をきっかけに、
前後2カメラモデルが定着していますが、

発展はそれで終わらず、より高機能で
性能の高いモデルが登場してきました。

 

それは前後2カメラに
車内カメラを加えた3カメラモデルや、

ウルトラHDとなる4Kモデル
登場してきたことです。

 

ドラレコにそこまでの機能や性能が必要か?
と思うかも知れませんが、

どんな商品にしても、
最高を求める人はいるもの。

 

今回ご紹介する「YAZACO P3 pro」
も、そんな3カメラ仕様モデルなんです。

 

しかもフロントカメラは4Kに対応した、
超高画質設計になっています。

このP3 proはどんな内容を持つドラレコか、
その魅力をユーザレビューに基づいて
検証評価したいと思います。




 

YAZACO P3 proは3カメラ+4K仕様の至れり尽くせりモデルだ

 

 

茨城県の常磐自動車道で起きた、
煽り殴打事件をきっかけに、

車内録画した映像も必要だと
叫ばれるようになりました。

 

そのためフロントとリア、
そして車内を録るための
3カメラ式ドラレコが登場したのです。

 

P3 proも、まさに
そんな需要に応えたモデル。

 

フロントカメラは4K 3840x2160p 800万画素、
リアカメラはフルHD 1920x1080p 200万画素、

そして車内カメラはIR暗視機能付き、
フルHD 1980x1080p 200万画素の仕様。

 

センサーは3つともSONY STARVISを採用し、
夜も明るく録画できます。

ただし3カメラとも稼働させると、
フロントはワイドクワッドHD 2560x1440p、
いわゆる2.5Kに解像度は下がります。

 

4Kで録画するには、リアか
車内カメラを止めなくてはなりません。

 

4Kで録画したり
3つのカメラ全てを稼働させると、

さすがにメモリーを食うので、
SDカードは512GBまで対応します。

 

正しい角度で録画できるように、
3つのカメラは設置後それぞれ
向きを微調整することが可能ですよ。

 

フロント本体は2つのレンズと
液晶モニターを内蔵しているので、

大柄で重さも170gありますが、
デザインは良く高級感も感じられます。

 

他のモデルと比べて、
見た目迫力がありますよね。

HDR・Gセンサー・GPSは
当たり前に搭載していますが、
付属品にSDカードはありません。

 

リアケーブルは6mの長さがあるので、
ほとんどの乗用車は足りるでしょう。

なおリアカメラには防水機能がなく、
車内に設置する必要があります。

 

ではここで本機の中身を知るべく、
あるユーザーの解説動画があるので、
ご覧いただきましょう。

視聴時間が少し長いですが、
後半には走行映像もあり、続けて
最後までご覧になると良いです。

 


協力 車の動画 TakeTV100さん

 

次に、実際の使い勝手や画質は
どんなものでしょうか。

 

ユーザーのレビューを集めたので、
いくつかピックアップしてみました。

これを参考にしながら、後で私が
本機の評価をしてみたいと思います。

 

YAZACO P3 proのユーザーレビュー

 

★「本体部分のフロントカメラとインカメラ、USBケーブルでバックカメラを接続する形だ。まずは本体のみで撮影をしてみたが、4K映像はかなり繊細に撮れている。インカメラはフルHDになるが、かなり広角なので車内全体はもちろん、バックウインドウの外も確認できるので、バックカメラをつけなくても十分な気がする。ので私はつけていない。暗い所ではインカメラは赤外線カメラっぽく(白黒)になる。GPS機能もあり、撮影した動画の経路も専用ソフトで確認できるので便利だ。4Kだとかなりファイルサイズが大きくなるので、大容量microSDは必須。」

★「三つのカメラ全ての画質が、とても高画質で明るく素晴らしい。GPSで時刻・速度も正確に液晶に表示され、もちろんカードにも記録。リアカメラ・車内カメラも決して “おまけ” では無く、どのカメラも本当に素晴らしい画質だ。車内カメラはうっとおしい赤い光など発しないのに、夜間でも後席の人の表情までしっかり写っていた。サポートのメール返信も早く、つたない日本語の部分もあるが、誠意ある対応で十分に信頼して購入出来た。」

★「画質が良いとのレビューが多かったが、期待外れだ。とても4Kとは思えない。国産のもっと安価な200万画素の方が画質は良い。ドライブレコーダーの画質で見るにはこれで良いかも?しかし2インチでは小さすぎ、見分けが付かない。PCの大画面では解像度が低く余り見る気がしないレベル。見かけは良いが、作りが雑でスイッチを押したら戻らないことがある。国産品に比べ決して安くはない。フロントガラスに貼り付けタイプは、フロントガラスの勾配により非常に画面が見にくい。取扱説明書はもっと詳しい物がほしい。」

★「ボディは大きめで、がっしりしたデザイン。ウインドウに両面テープで貼り付けるタイプ。操作は簡単。ボタンに機能のアイコンが書いてあるので、説明書を読まなくてもある程度は設定できてしまう。3カメラでフロントカメラ4Kに静止画も撮影可能ということだが、価格はやはりお高いイメージがある。画質はフロント・バックカメラ共に、ナンバープレートの数字が視認できるレベル。LED信号でも点灯の確認ができた。その他バックカメラのケーブルがちょっと太め。容量は32GB~512GBまでのmicroSDサポートと記載があるが、最高画質で録画しようとすると、3分で700MB程度使用することになるので、なるべく大容量のMicroSDを推奨。」

 

YAZACO P3 proの評価

 

YAZACOはネームからすると、
日本メーカーのイメージがありますが、
正真正銘の中国メーカーです。

中華モデルと言うと、
安い・作りが雑・壊れやすいなどの
イメージがありますよね。

 

しかしこのメーカーの製品は、
価格帯が日本製品と同程度だけに、

作りがしっかりしていて
商品に安いイメージは感じません。

 

P3 proも高級感があり、
機能も性能も日本メーカーと
同等のものがあります。

 

むしろ日本メーカーの製品は、
ここまで内容にこだわったモデルは、
現状ではないのでは?

 

しかし、昨今の煽り暴力事件を見ると、
フロント・リア・車内まで写す

3カメラ式が求められるのも
当然のことに違いありません。

 

ドラレコも4Kとなるとさすがに高画質で、
周りの状況が手に取るように分かるのは
凄いと思います。

ただ、実用品と見る限りドラレコは、
フルHD200万画素機で画質は十分です。

4Kを選ぶ意義はあくまで、
大画面で作品を見せたい人向け
のものと言えるでしょう。

 

またレビューにもあるように、
4Kともなるとメモリー量が膨大なので、
かなり大容量のSDカードが必要です。

本機は512GBまでのカードをサポートし、
使用するのには安心です。

その代わり、たかがメモリーカードに、
結構な出費を覚悟しないといけません。

 

本体もドラレコとして高価ですが、
同じように死角のない映像が録れる

日本メーカー製の360°モデルに比べれば、
価格は安く済むし、ずっと高画質です。

 

メーカー保証も最長18ヶ月あるので、
360°タイプをお考えの方なら、
本機も選択肢の1つに入れて良いでしょう。

 

日本語可能なメーカーサポートも良く、
中国のメーカーであることを
気にする必要はほとんどありません。

 

とは言えドラレコを、
安全運転の保険と見るユーザーなら、

本機ほどの高性能モデルを選ぶのは、
過剰と考えて良いと思います。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください