『PAPAGO! GoSafe D11』レビュー:目立たず邪魔にならないコンパクトドライブレコーダー

多面体ダイヤモンドカットデザインを採用し、光の反射を抑えたボディの
コンパクトドライブレコーダー「PAPAGO! GoSafe D11」
を、ユーザーレビューで評価してみたいと思います。

 

超小型・軽量設計とし、クルマの外から覗いても目立たず、
ドライバーの視界を妨げない製品です。

300万画素フルHDの高画質仕様にすることで、
周囲の様子をしっかりと捉えることが可能ですね。




 

では、高画質の目安となる、夜間走行を撮った
動画がありますのでご覧いただきましょう。


協力 tammba7113さん

 

次に、すでに使用しているユーザーの方は、
どんな感想を持っているのでしょうか。

そのレビューを参考にしながら、
GoSafe D11の魅力を探ってみます。

 

★「ダイナミックレンジが広いと言うことから、PAPAGOを選択した。安値が落ち着いたGoSafe GS130でも良かったのだが、画角の広さと発売日の新しさでこちらを選んだ。実画角は広く、片側一車線の交差点で普通に止まると、右側は横断歩道の渡り始めが見えるほどだ。運転支援機能があり色々と設定できるが、使い方が分かりやすいので、一度パターンを覚えてしまえばすぐに目的の操作ができる。不満なのは、SDカードのスロットが上部にあること。抜き差しがしにくいので、左右のどちらかにあればより使いやすかったかと思う。全体的に見て、初めてのドライブレコーダー購入者にはおすすめだ。」

★「レンズを中心にして、お洒落にエッジ処理された特徴あるデザインだ。このドラレコはルームミラー裏に隠れるほど小型サイズなので、存在が気にならないほど。パパゴはお節介すぎる独自の安全機能が有名だが、”あくまでオマケ” と言われていても完成度は高い。価格の安いこのGoSafe D11でも使える。また、300万画素のCMOSセンサーが内蔵されており、夜間走行時の画質が気になったが、安定して綺麗に撮れている印象だ。もちろん昼間も良い。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

このGoSafe D11にはレビューにもあるように、
“速度制限標識警告” “出発遅延警告” “ドライバー疲労警告” など
数々の運転支援機能が付いており、安全走行に役立ちます。

また、別途で常時電源ケーブルが必要ですが、これを使えば
“動体検知監視機能” や、”タイムラプス監視機能” も機能します。

 

他にGセンサーも付くなど機能は盛りだくさんですが、
残念ながらWi-FiとGPSはありません。

できるだけコストを抑えて価格を安くしたり、
小型・軽量なボディを実現するための策なのでしょう。

GPSにこだわる方のために、外付けGPSアンテナが付属した
「GoSafe D11GPS」もラインナップされていますが、
コンパクト性を失ってしまうので個人的におすすめはしません。

 

画質は、動画を見ていただいたように夜間はとても良く、
昼間でもHDR機能のおかげで、白飛びの少ない安定した
露出で見やすくなっています。

 

このモデルを選ぶターゲットのユーザーは、やはり
初めてドライブレコーダーを購入する初心者でしょうね。

そのために価格帯もエントリークラスに設定しているのであり、
私の意見では、駐車監視機能を使うためあえて常時電源ケーブルを購入したり、
GPSを使うためにD11GPSを購入するのはいかがなものかと考えます。

 

いずれにせよ、エントリークラスながら
基本の優れたコスパの高いモデルです。

初心者でなくとも走行映像がきちんと記録されればそれで良い、
と考える方にもおすすめできるのではないでしょうか。

 

2GoSafe D11
2GoSafe D11GPS
または
3GoSafe D11
3GoSafe D11GPS

 

 

※使用レポート記事
『PAPAGO! GoSafe D11』ドライブレコーダーを取り付けてみた!

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください