『KUKIIRE スマート空気入れ』レビュー:ボタンを押すだけの電動式空気入れを使えばタイヤの空気圧チェックは楽々!

 

車を運転する機会の多いあなた。

あなたは、愛車のタイヤの空気圧を時々チェックしていますか?

 

天候を問わず車を安全に走らせるためには、1ヶ月に1度のタイヤチェックが重要です。

トレッドの溝の深さは十分にあるか、小石が詰まっていないか調べると共に、空気圧もキチンと確認しないといけません。

 

空気圧はタイヤゲージで計れば適正か分かるものの、もし減っていた場合に補充すると言うのは大変。

ガソリンスタンドまで行けば、空気入れを借りてこと足りますが、そのためにわざわざ向かうのは面倒です。

 

かと言って、たいていどの家庭にもある自転車用のポンプでは、バルブの形式が違うので使えません。

そもそも手こぎのポンプが使えても、満充になるまでいつまで掛かるやら・・・。

 

そこで便利なのが置き場所に困らない、小型の「電動式空気入れ」を用意しておくことです。

でも、一口に電動式空気入れと言っても千差万別。

では、どんなタイプのどんなモデルを常備するのがおすすめか、今回お伝えしようと思います。




「『KUKIIRE スマート空気入れ』レビュー:ボタンを押すだけの電動式空気入れを使えばタイヤの空気圧チェックは楽々!」の続きを読む…

『Blueskysea B2W』レビュー:デュアルレンズ搭載ながらポン付けでリア配線不要なドライブレコーダー

 

前後2カメラ式のドラレコを自分で取り付けたいが、ケーブルを後ろまで配線するのがイヤと思う人は多いと思います。

私も今まで何度も配線作業を経験していますが、上手く内張りへケーブルを隠すって、結構手間が掛かりますからね。

 

ネット上では本体とワイヤレスでつないで、リア配線不要なモデルがあるかのような情報を目にしますが、それはガセネタであり間違いです。

1カメラ式ドラレコを、それぞれ前後に設置する手を使えば取り付けは楽ですが、それはリアにシガーソケットが装備される車種に限ります。

 

そこで、もしあなたがケーブルを増やすことなく、前後の映像を記録したいと考えるのなら、こんなタイプのモデルを選んではいかがでしょうか?

それは一体型でありながら、2つのカメラを内蔵しているドライブレコーダーです。

これならばいくつもの配線をすることなく、基本的に1本しかケーブルを引っ張らないので、いわゆるドラレコのポン付けが可能になる訳なんですね。

 

そんなドラレコ前後カメラ一体型で、おすすめな機種をご紹介しましょう。

それは「Blueskysea B2W」

 

本体に液晶モニターと2つのカメラを内蔵しており、吸盤アタッチメントでポン付けができるモデルです。

複数の車に乗る機会が多い人なら、本体の付け替えができて便利なドラレコになります。

今回は、このBlueskysea B2Wをユーザーレビューを参考に、その魅力を追求し評価してみましょう。




「『Blueskysea B2W』レビュー:デュアルレンズ搭載ながらポン付けでリア配線不要なドライブレコーダー」の続きを読む…

『AKEEYO AKY-R1』レビュー:スマホアプリで操作するリア用ドライブレコーダー!

 

PR:AKEEYO製品を “公式サイト” から買えば、安く手に入る!!
  【AKEEYO 公式サイト】⇒ 専用クーポンコード「AK88」をご記入下さい !(^^)!

 

日本ではドライブレコーダーの装着が増え、今では随分普及していますね。

でもまだ、多くの車はフロント1カメラ式を付けていることでしょう。

 

より録画範囲の広い、2カメラ式の方が良いことはあなたも周知でしょうが、使用中のものを捨ててまで、新しく買い替えようとはまぁ思いませんよね?

とは言っても、わずかな予算で追加する形で2カメラ式にできるなら、考えが変わって来るかも知れませんよ。

 

そんなモデルの1つとして、「AKEEYO AKY-R1」に注目してはいかがでしょうか?

とにかく小さいことで目立たず、邪魔にならないボディなので、リアカメラとしてとても重宝するんです。

 

今回は、このAKEEYO AKY-R1がどれくらい使えるモデルなのか、ユーザーレビューを交えて検証・評価してみたいと思います。




「『AKEEYO AKY-R1』レビュー:スマホアプリで操作するリア用ドライブレコーダー!」の続きを読む…