『ZDR-015』レビュー:2カメラドラレコはリアの熱線に影響する!取り付けると違法?

 

「2カメラ式のドライブレコーダーは、
リアガラスの熱線に影響するからカメラを取り付けられない」

「そもそもドライブレコーダーをリアに取り付けるのは違法」

そんな話をあなたは聞いたことがありませんか?

 

結論を言うと、これ、どちらも大きな間違いです。

 

熱線に粘着テープでカメラを付けても、
実は熱線にもカメラにも何の影響もないのです。

ただし、注意して下さい!

粘着テープはとても強力なのでカメラを外そうとした時、
粘着力で熱線が剥がれてしまう恐れがあります。

なので、カメラを取り付ける位置は、
絶対に熱線に触れない場所にしましょうね。

 

また、カメラをリアに取り付けるのは違法、
と言う話も事実ではありません。

クルマの運行に支障がない位置であれば問題がないことは、
「自動車技術総合機構」もネットで述べていますから。

 

もしリアにドラレコが付けられないのであれば、
今、商品が売り切れてしまうほど人気の、
こちらのモデルをご紹介できないじゃないですか!

 

と言うことで、今回は前後2カメラ式のドライブレコーダー
「コムテック ZDR-015」を、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




 

コムテック ZDR-015は日本製

 

ZDR-015は、フロントもリアどちらのカメラも
フルHD200万画素仕様で、
高画質に映像を記録可能です。

 

後続車にあおり運転されても、
バッチリその様子を残すことができます。

前だけを記録するタイプと比べると、
随分安心感が違いますね。

 

さらに、フロントカメラは
ナイトビジョン機能を搭載していますから、

夜、周囲が暗くても明るく
ハッキリ録画することができるんです。

 

では実際に、フロント/リアそれぞれ昼間の走行風景を、
さらにメーカー提供の動画で夜間走行の様子も、
フロント/リアそれぞれにチェックしてみましょう。


協力 価格.comマガジンさん

 

昼夜とも、明るくクッキリとした
画質で映っているのではないでしょうか。

 

コムテック ZDR-015のユーザーレビュー

 

次に、実際の使用感はどんなものでしょうか?

あちこちから集めたユーザーの
皆さんのレビューで、ZDR-015の魅力に迫ります。

 

★「後方も録画したいと思い、2カメラでコンパクト・日本製のこの商品を選んだ。映像に関しては、夜間も鮮明に記録され大変満足している。設置場所に困ったが、バックモニターとしても利用したかったので、ルームミラー横の運転席寄りのフロントガラスに設置した。バックモニターとしては、本体モニターが小さく少し見づらいが、後退時の後方確認には役立ち便利だ。」

★「今までトランセンドのDrive Pro520を使っていたが、後方確認の意味ではこちらの商品の方が優れていると実感した。取り付けは自分で行った。後方カメラの配線に苦労するかと思ったが、ケーブルを内張りモールに差し込む方法で楽勝だった。」

★「上下Gセンサー設定を最低にしても、ちょっとした段差で衝撃録画を開始してしまう。不便なのでオフにした。1ファイルの長さが、解像度やフレームレートに関係なく30秒と短く、後から編集しづらい。アタッチメントは、1度テープで固定すると微調整ができない。自由雲台にして、少しくらい斜めに設置しても融通が利くようにしてもらいたい。スズキの車でもホンダの車でも、エンジンの回転を上げると画面がノイズを拾う。」

★「前後2カメラ・HDR/WDR搭載で、本体モニターでもPCでも明るく見やすい。夕方の目視で暗く感じるところでも、明るく映し出してくれる。専用ビュアーは一部を拡大して再生できたり、ボタン1つで前後のカメラの切り替え・上下反転ができる。後ろのカメラは左右反転ができ、再生速度も1/4~4倍速ができて使いやすい。」

 

コムテック ZDR-015の評価

 

では、色々と語ってみることにしましょう。

 

最近、「後続車からあおられて怖い思いをした」
なんて話を良く聞きますね。

テレビや新聞でも、それに関連する
トラブルや事件を目にしますから。

 

そこで、自らを守る対策として注目を浴びているのが、
360度撮影ができるタイプや、今回のZDR-015のように、
前後2カメラで撮影するドラレコって訳です。

 

少々お値段は高いですが、
前後の映像は十分な高画質を提供してくれます。

またフロントカメラは先に述べた ナイトビジョンと言う、
夜を見た目以上に明るく写す武器を備えていることで、
安心度も高いですね。

 

機能で面白いのは、リアカメラの映像を
左右逆にミラー映像にできること。

これを利用することで、簡易的な
バックモニターとしても使えるのです。

ナビにバックモニター機能がないクルマには
重宝することでしょう。

 

それにHDR/WDRもフロントカメラに搭載されているし、
GPSも内蔵しています。

なので、トンネルの出口でも素早く
露出を安定させられて、後で専用ビュアーで見れば、
走行軌跡が走行時刻と共に確認できるのです。

さらにSDカードの寿命が来て、記録ができなくなったら、
その旨を知らせてくれる機能も親切で有り難いと思います。

 

難点は、人気があり過ぎて在庫薄になり、
納期に時間が掛かりやすいこと。

現在すでにドライブレコーダーを使っていて、
次は2カメラ式に買い替えたいと思っている人は良いですが、
初めて購入する人は待つ時間がもどかしいことでしょうね。

 

それに加え、取り付け作業をフロントとリア、
両方を行わないといけません。

リアカメラ用ケーブルは7mほどあるので、
たいていの車は長さで困ることはありませんが、
2つも配線するのは結構困難になるのが必須。

 

自分で設置作業するのは、少し勇気が必要でしょう。

 

でも、できればネットで安く買って
装着したいと思うのも本音だと思います。

ならばAmazonで購入して、「取り付けサービス」
を利用すると言う手もあるですよ。

 

これならば、専門業者が取り付けてくれるので確実ですし、
トータルで安くドライブレコーダーを導入できてお得です。

少し納期が掛かっても、ドライブレコーダーに安心感を
プラスしたいと考えている人におすすめしましょう。

 

2
または
3

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください