『NEXTEC BP-1 マルチ・パワーボックス』ドラレコを防犯カメラとして使える外付けバッテリー!

ドライブレコーダーを、
防犯カメラとして生かしたい
思っている方は多いと思います。

車が停止してエンジンが止まると、
ドラレコの電源も切れてしまいますよね。

 

その後、駐車監視機能を使うためには、
カーバッテリーから直に電源を取ります。

すると、気になるのはバッテリー上がり。

 

ドラレコ側にバッテリーセーブ機能を
持つものもありますが、

バッテリーの充電は停止しているので、
少なからず寿命に影響を与えます。

 

そこで活躍するのが、コンパクトな
外付けバッテリーと言う訳です。

 

今回はその中で、F.R.C.の
「NEXTEC BP-1」をご紹介して、

ユーザーレビューを基に
評価してみたいと思います。




 

NEXTEC BP-1はドライブレコーダーのバッテリー上がりを防ぐ

 

 

NEXTEC BP-1は12V車専用で、
走行中にカーバッテリーから充電、
約4時間で満充になります。

本体のスイッチを入れると電源が入り、
充電されたバッテリーで
ドラレコの駐車監視機能が使えます。

 

バッテリーはニッケル水素を使用し、
2400mAhの容量があります。

これで15時間から20時間位まで
ドライブレコーダーを稼働する
ことができるのです。

 

使えるドライブレコーダーは
消費電力が1A以下のものなら、
F.R.C.以外のモデルでも使用が可能。

 

ただし、電源ケーブルの端子が
USBになっているモデルは使用不可です。

 

本機には電源供給用3.8㎜端子が2つあり、
これにもう1つUSB端子を装備して、
スマホ等へも充電ができます。

通常の使用法は、車の走行中に
自動的にカーバッテリーから充電され、
本体の「CHARGE」ランプが点灯。

 

走行が終了しエンジンが止まると
同時に充電もストップ、
「CHARGE」ランプは消灯します。

次に「DISCHARGE」が点灯するので、
本体の電源スイッチを入れれば、
ドライブレコーダーへ通電します。

 

そして、駐車監視機能を使うことで、
防犯カメラとして機能する訳ですね。

 

車の走行時間が短く、
満充まで間に合わなければ、

付属のACアダプターで
部屋の中で充電が可能です。

 

BP-1の車内への取り付けは、
同じような外付けバッテリー

「セイワ バッテリーソケット F300」
のように両面テープで固定します。

 

通常の走行時間が短いユーザーなら、
充電する部屋へ持ち出しやすいよう、
マジックテープを使うと良いでしょう。

では実際の使い心地はどんなものか、
ネットでユーザーレビューを集めたので
確かめてみたいと思います。

 

NEXTEC BP-1のユーザーレビュー

 

★「この “エフ・アール・シー NEXTEC パワーボックス” を、他社のドライブレコーダーの補助12Vバッテリーとして使っている。コンソールの助手席足元にバッテリーランプが見えるように取り付けて、必要な時にバッテリー電源をONにしておけば、ドライブレコーダーがスーパーマーケットの駐車場でも常時録画されている。駐車場で録画できるドライブレコーダーをいろいろ試してみたが、やはり車のバッテリーが上がってしまう。普通のドライブレコーダーでも、駐車場録画ができる簡単な方法が、これ!!! 今のところ良好だ。」

★「価格が安くて発送も無料だったので決めた!このシリーズは二台目なので安心して購入。ドライブレコーダー用に、夜間の防犯対策として購入した。」

★「満足している点は、夜中でも愛車を監視してくれている事。不満な点は、使い切ってからフル充電。。。を繰り返さないと、バッテリー寿命が短くなる事を気にして、いちいち家に持って帰り充電している面倒くささ。元々はドラレコからこのBP-1にUSBでつなぎ、BP-1から付属のシガープラグでソケットにつなぎっぱなしにしておけば、エンジンがかかっているときはBP-1がドラレコを動かすことが可能。しかしそれだと、平日は夜に短距離乗るだけの自車だとつぎ足し充電の繰り返しになってしまう。せっかく買ったばかりなので、初めから劣化させる使い方をするのは忍びないので、当面は “使い切って家でACアダプターでフル充電” をちゃんとやることにした。面倒なので1年くらいで “つなぎっぱなし” にしてしまう気がする。」

★「充電器としては申し分ないと思う。あと五年くらい持てば、また購入を検討しようと思う。」

 

NEXTEC BP-1の評価

 

約4時間の充電で機種にもよりますが、
最大20時間ドラレコを稼働できるのは、
なかなかのものだと思います。

 

出力ソケットは2ヶ所あり、
一見便利そうに思いますが、

同時使用はバッテリーが早く減るので、
注意が必要ですね。

 

本機の使用法で覚えておきたいのは、
一度一杯に充電したら、

ドラレコが使用不能になるまで
バッテリーを使い切ること。

 

なぜかと言えば、ニッケル水素電池を
搭載しているからです。

ニッケル水素電池は容量が残る途中で、
つぎ足し充電を繰り返すとメモリー効果で
次第に満タンまで充電しなくなるんです。

つまり、つぎ足し充電をし続けることで、
次第にドラレコの稼働時間が短くなる訳。

 

この点を重視するとセイワ F300のように
つぎ足し充電が可能な、

リチウムバッテリーを積む機種を
選んだ方が正解かも知れません。

 

ただしF300は、夏場車内が高温になると
バッテリーが破裂するリスクがあるので、
注意が必要な機種ではあります。

 

安全面を考えると、PB-1を選んだ方が
安心とも言えるのではないでしょうか。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください