ドライブレコーダーにリアカメラが絶対必要だとは限りませんゾ!

 

我が国日本でも近年かなりの普及率で、ドライブレコーダーが浸透してきたことは、あなたも周知のことでしょう。

これは車同士の衝突事故が増えたからと言うよりも、悪質な煽り運転の増加が要因になっているのだと思います。

 

そんな背景から最近の売れ筋モデルに注視すると、1カメラモデルからリアにもカメラが付いた、2カメラモデルに移行しつつあるのが流れ。

そればかりか前後カメラだけでなく、サイドの様子まで録画できる3カメラモデルや、360度カメラ+リアカメラモデルも登場して人気になりつつます。

 

では、今後ドラレコを購入するなら、リアカメラ付きタイプを選ぶべきなのでしょうか?

今でも立派に販売されている、1カメラタイプでは事足りないのか?

 

私の考えでは、複数のカメラが付いたドラレコを、あえて選ぶ必要はないと自認しています。

それはどうしてなのか、今回述べてみましょう。




「ドライブレコーダーにリアカメラが絶対必要だとは限りませんゾ!」の続きを読む…

ドライブレコーダー をダッシュボードに取り付けても車検は通るのか?

 

ドライブレコーダーは、ミラー型モデルを除けば、多くはフロントガラス上部に取り付けるのが一般的ですよね。

ところが、スバルのアイサイトなどのブレーキサポート車や、上部がグラデーションになって色が濃い車種など、思うようにガラスに取り付けられないものがあります。

 

かと言って、低い位置ではドライバーの視界を遮るし、場合によっては車検をパスすることができません。

それを考慮すると、残った設置場所として考えられるのは、ダッシュボードの上と言うことになるでしょう。

 

「でも、ドラレコをダッシュボードに取り付けて車検は通るの?」と、思う人がいるかも知れませんね。

結論から言うと大丈夫、「運転に支障がない限り車検は通ります」。

 

ただしそれに対して、デメリットや注意点があるんです。

今回は、”ドライブレコーダーをダッシュボードに取付ける” をテーマにお話を進めて参りましょう。




「ドライブレコーダー をダッシュボードに取り付けても車検は通るのか?」の続きを読む…

ドラレコで駐車中の当て逃げ犯を見つけると同時に必要な○○とは何?

 

ドライブレコーダーは、万が一の衝突事故の証拠映像を残したり、煽り運転車の特定に非常に役立つアイテムです。

しかし、普段の車の利用でもっと役立つ使い方ができるドラレコ機能、あなたはご存知ですか?

 

それは、スーパーやコンビニなどでの駐車中に、当て逃げ犯の特定に活躍する駐車監視機能です。

そもそも車同士の接触って、お互いが走行中の状態の時よりも、駐車場で他車にぶつけられる確率の方がずっと高いんです。

 

でもそれが軽微な衝突だと、犯人の多くは皆逃げちゃいますよね?

なので、自分の愛車のドラレコに駐車監視機能を付けることが、結構重要なことなんです。

 

でも実はそれだけでは、対策が充分とは言えません。

今回は、ドラレコに駐車監視機能を稼働させると同時に、さらに必要な「〇〇」をお伝えしたいと思います。




「ドラレコで駐車中の当て逃げ犯を見つけると同時に必要な○○とは何?」の続きを読む…