え、煽り運転に対しドラレコに証拠能力はない!?煽りが減らない理由って…?

 

ドライブレコーダーの普及は目覚ましく、
2016年の国内出荷台数が146万台だったのに対し、
2018年は367万台と増加しました。

(社団法人 JEITA調べ)

 

わずか2年の間に、2.5倍も売り上げたのです。

 

相変わらず減る様子が見えない
「煽り運転」の抑止のため、

購入する人が増えた事が
1つの要因になっていると思います。

 

にもかかわらず最近の傾向を見ると、相変わらず
煽り運転が多いとの報道がなされていますね。

ドラレコが普及しつつある一方で、
煽り運転が一向に減らないのは何故でしょう?

 

そもそも煽り運転行為と言うものは、
昔からあったものなんでしょうか?

 

また、本来ドライブレコーダーの記録映像は、
煽りの証拠として使える能力はないとの
意見がありますが、事実なんでしょうか?

 

今回はこれらに付いて、
検証してみたいと思います。




え、煽り運転に対しドラレコに証拠能力はない!?煽りが減らない理由って…?

『ミッドランドXTC290 』レビュー評価:アクションカムでドラレコだから電源内蔵でケーブル不要!

 

ドライブレコーダーが欲しいけれど、
電源を取るためのケーブルの配線に、
抵抗がある方も多いようです。

 

例えばレンタカーを借りた時に、
一時的に設置したい場合でも、

ドラレコ本体に電源を内蔵していれば、
便利に使うことができるでしょう。

 

一般的に、
ドラレコに電源を内蔵しているものは、
新しいモデルなら普通にあります。

ですがどれも容量が少なく、
せいぜい5分から、
長くて30分程度の録画しかできません。

 

となると、同じような構造である
アクションカメラがベースで、

エンドレスでループ録画が可能なモデルなら、
ドラレコとして使うことが可能です。

 

そんなモデルはいくつがありますが、この
ドラレコ x アクションカムはいかがでしょう。

 

それは、「ミッドランド XTC290」
デュアルモードビデオカメラです。

 

今回はユーザーレビューを基に、
XTC290を評価してみることにしましょう。




『ミッドランドXTC290 』レビュー評価:アクションカムでドラレコだから電源内蔵でケーブル不要!

『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ

ドライブレコーダーと言えば、最近は
前後2カメラ式モデル
スタンダードになりつつありますね。

これは日本だけでなく、海外でも同じ傾向にあり、
国内外多くの2カメラモデルが販売されています。

 

ただデザインに関しては日本と海外では違いがあり、
海外製品は一般的なアタッチメントを介し、
フロントガラスに取り付けるものが多いです。

 

対して日本のメーカーのそれは、
ドラレコ本体とアタッチメントが一体化、

ガラスに取り付けると言うより貼り付ける
デザインのモデルが多くなって来ました。

 

このほどカロッツェリアから登場した
「VREC-DZ700DLC」も、
そんなデザインのドライブレコーダー。

 

フロントカメラ・リアカメラ共々、ガラスに
ペタッと貼り付けることでしっかり固定でき、
ドライバーの視界を極力妨げないようにしています。

今回は、そんなVREC-DZ700DLCを、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




『カロッツェリア VREC-DZ700DLC』口コミ/レビュー:夜間走行や暗い駐車場でも安心な2カメラ式ドラレコ