『Blueskysea B2W』レビュー:デュアルレンズ搭載ながらポン付けでリア配線不要なドライブレコーダー

 

前後2カメラ式のドラレコを自分で取り付けたいが、ケーブルを後ろまで配線するのがイヤと思う人は多いと思います。

私も今まで何度も配線作業を経験していますが、上手く内張りへケーブルを隠すって、結構手間が掛かりますからね。

 

ネット上では本体とワイヤレスでつないで、リア配線不要なモデルがあるかのような情報を目にしますが、それはガセネタであり間違いです。

1カメラ式ドラレコを、それぞれ前後に設置する手を使えば取り付けは楽ですが、それはリアにシガーソケットが装備される車種に限ります。

 

そこで、もしあなたがケーブルを増やすことなく、前後の映像を記録したいと考えるのなら、こんなタイプのモデルを選んではいかがでしょうか?

それは一体型でありながら、2つのカメラを内蔵しているドライブレコーダーです。

これならばいくつもの配線をすることなく、基本的に1本しかケーブルを引っ張らないので、いわゆるドラレコのポン付けが可能になる訳なんですね。

 

そんなドラレコ前後カメラ一体型で、おすすめな機種をご紹介しましょう。

それは「Blueskysea B2W」

 

本体に液晶モニターと2つのカメラを内蔵しており、吸盤アタッチメントでポン付けができるモデルです。

複数の車に乗る機会が多い人なら、本体の付け替えができて便利なドラレコになります。

今回は、このBlueskysea B2Wをユーザーレビューを参考に、その魅力を追求し評価してみましょう。




『Blueskysea B2W』レビュー:デュアルレンズ搭載ながらポン付けでリア配線不要なドライブレコーダー

『ドライブレコーダーのダミーに効果はある?』リアドラレコの代用なら行けそうだ!

 

ドライブレコーダーの普及率が、我が国日本でも50%を超えようとしている昨今ですが、それでも装着をためらうドライバーは多いものです。

その理由として挙げられるのは、ドラレコ本体の価格の高さと、取り付けの煩雑さにあるようです。

故障した時の機材の扱いが面倒、と言う意見もあるでしょう。

 

 

しかし後から煽られるなど、嫌がらせを受けるのはたまりませんよね?

そんな状況を少しでも回避できる方法の1つとして、ダミードライブレコーダーを装着すると言う手があるのをご存知でしょうか?

 

ただダミーである以上、それはあくまでもオモチャ。

そんなものに煽り運転などの回避ができるのか、疑うあなたもいるかも知れません。

 

でもやり方次第で、「ダミードライブレコーダーを効果的に利用」することができるんです。

その方法に付いて、今回お話しようと思います。




『ドライブレコーダーのダミーに効果はある?』リアドラレコの代用なら行けそうだ!

『コムテック ZDR038』レビュー評価:価格は高いがGPS内蔵・3年保証も魅力なスマートミラー型ドラレコ

私は以前、『デジタルインナーミラー(スマートミラー)』のメリット/デメリットと言う記事の中で、国内メーカー製のスマートミラーはほとんどないと書きました。

中国を中心に海外では、数年前から、スマートミラーを販売するメーカーが何社もありましたが、日本では皆無に近い状態だったのです。

 

しかし2021年頃から、少しずつラインナップするメーカーが現れました。

そしてコムテックからも、ついにスマートミラー型ドラレコが登場しましたね。

 

それが「コムテック ZDR038」です。

今回はこのコムテック ZDR038に付いて、ユーザーレビューを交えながら検証、そして評価してみたいと思います。




『コムテック ZDR038』レビュー評価:価格は高いがGPS内蔵・3年保証も魅力なスマートミラー型ドラレコ