『KENWOOD DRV-CW560』レビュー評価:モニターをなくして価格をグッと抑えた360度ドライブレコーダー

 

 

死角を少なくしたドラレコの1つとして360度タイプがありますが、価格が高い割に画質が良くないことがネックになっていました。

そこで、画素数を増やし高画質としたにもかかわらず、液晶モニターをなくし、カメラ1つだけで水平360度の視野を確保させることで、価格を抑えたモデルが登場しました。

 

それが「KENWOOD DRV-CW560」です。

KENWOOD 360度ドラレコの第2弾となる本機を、今回ユーザーレビューを交え、実力を評価してみたいと思います。




『KENWOOD DRV-CW560』レビュー評価:モニターをなくして価格をグッと抑えた360度ドライブレコーダー

『AKEEYO AKY-X3GTL』評価:取り付けは厄介だが、3カメラで死角の少ないスマートミラー型ドラレコ!

PR:AKEEYO製品を公式サイトから買えば、アマゾンや楽天より安く手に入る!
  【AKEEYO 公式サイト】⇒ 専用クーポンコード「AK88」をご記入下さい !(^^)!

 

ドライブレコーダーの死角をできるだけ少なくすることが、新しいモデルでは重視されています。

死角を少なくする方法としては、できるだけ広角レンズを使うこと、2カメラ式とすること、360度カメラ式とすること、そしてもう1つの方法は3カメラ式とすることです。

 

3カメラ仕様のモデルには、前後と車内を録画するタイプと前後と側面を録画するタイプがあります。

前後と側面を録画するタイプでは、「AKEEYO AKY-X3GTL」が今人気。

 

前後カメラと、ドアミラー下部に取り付けるサイドカメラを付属して、運転席から見えにくい左側面を録画することが可能なモデルです。

本体は大型モニターを内蔵した、スマートミラー型ドライブレコーダーになっています。

 

今回は、3カメラスマートミラー型であるAKY-X3GTLを、ユーザーレビューを参考にしながら、その魅力に付いて評価してみることにしましょう。




『AKEEYO AKY-X3GTL』評価:取り付けは厄介だが、3カメラで死角の少ないスマートミラー型ドラレコ!

『ECLIPSE AVN-D10W』はバックカメラが別売だが後方録画も可能!

 

今主流のドライブレコーダーのほとんどは、単体で稼働するものです。

内蔵する液晶モニターは小さく、録画した映像を確認するにはこれでは役不足で、細かいところまで見ようとしたらPCを使わないといけません。

 

この状態に一部のメーカーは、多くの車にナビが装備されていることに目を付け、モニターにドラレコの映像を映し出すことができないか考えるようになりました。

そうすれば録画済みのSDカードを取り出すことなく、ナビの大きなモニターで見ることができる訳です。

 

この発想のおかげで、日本国内では数種類のカーナビ連動ドラレコが、現在発売されています。

その良い例が、アルパイン DVR-C320Rですね。

前後2カメラ仕様のドラレコでありながら、操作と映像のモニターをカーナビ側で行なえます。

 

そしてさらにもう一歩踏み込んで、「ならば、いっそうのことナビとドラレコを一体化してみたら?」と、思い付くのも当然のことでしょう。

現在、そんな背景を経て発売されているのが「ECLIPSE AVN-D10W」です。

 

一体化することで、使い勝手を飛躍的に向上させたドラレコ内蔵カーナビ。

今回はAVN-D10Wの内容に触れ、ユーザーレビューを参考にしながら、その魅力に迫ってみましょう。




『ECLIPSE AVN-D10W』はバックカメラが別売だが後方録画も可能!