ドライブレコーダーとアクションカメラの違いってナニ?

 

ドライブレコーダーは、
万が一の交通事故の瞬間を確実に残せるよう
開発されたもの。

ですが、ドライブ中は車窓の風景を撮影できることで、
車載カメラとして趣味的に利用することも可能です。

 

一方、ドライブレコーダーと同じようなしくみを持つものに、
アクションカメラ(ウェアラブルカメラとも呼ばれる)があります。

以前このブログに、
「アクションカメラをドライブレコーダーとして使えませんか?」
と言うお便りをくれた方がいらっしゃいます。

なるほど、
“ドライブレコーダーの代用としてアクションカメラはどうか”
気になりますよね。

 

そんなワケで今回は、
ドライブレコーダーとアクションカメラの違いに付いて
解説してみようと思います。




 

ドライブレコーダーはループ撮影ができる

ドライブレコーダーもアクションカメラも、
記録媒体はSDカードを使っています。

(正式にはMicroSDカードですね。)

 

そして、広い視野を撮る必要があるので、
どちらも画角は100度を超える広角レンズを搭載。

これをフルサイズ一眼レフカメラのように35mmフィルム判に換算すれば、
実に20mmよりも広い超広角レンズを使っている計算になります。

 

ですから車内で本体をしっかり固定できれば、
ドライブレコーダーだってアクションカメラだって、
同じような映像が撮れるはずですよね?

確かにその通りなんですが、実は両者は、
データの記録のしかたが少し異なるんです。

 

それはドライブレコーダーは、
エンドレスで撮影を行っていると言うこと。

アクションカメラの場合はビデオカメラと同じで、
撮影を始めてSDカードが一杯になるまで映像を記録したら、
それ以上続行する場合はカードを交換します。

 

ところが、ドライブレコーダーはカードが一杯になったからと言って、
運転している関係上、いちいち交換することは困難ですよね。

なので、カードが一杯になった時点で、
自動的に古い記録映像を消しながら新しい映像を記録する、
「ループ撮影」と言う撮影方法を採用しているのです。

 

ドライブレコーダーは映像を作品とするのが目的ではなく、
あくまで万が一の瞬間を確実に残すことが本来の目的ですから、
このような仕様になっています。

ただし例外的に、アクションカメラでも「GoPro」「DBPOWER」など、
一部の製品ではループ撮影が可能になっているものもあります。

アクションカメラでありながら電源が落ちない限り、
撮影が続行される製品もあると知っておいても良いでしょう。

 

ではここで、DBPOWERアクションカメラ
ドライブレコーダーとして使った撮影映像を入手しましたので、
ご覧いただきましょう。

協力 変デジ研究所さん

 

この動画を見る限り、まずまずの画質で
撮影ができるようです。

一部ながらこんな製品を目にすると、どのアクションカメラでも
ドライブレコーダーにできると思ってしまうかも知れませんね。

 

ドライブレコーダーはエンジンONで作動開始

ドライブレコーダーは、電源を
車のバッテリーから供給します。

車内にあるヒューズボックスから取ることができ、また
容易にシガレットライターソケットからも取れるしくみです。

ですから、電池切れは起こしません。

 

対してアクションカメラはバッテリーを内蔵し、
これを電源としています。

しかし、連続使用ではせいぜい1時間くらいしか持たないので、
それ以上はシガレットライターソケットから、
USB変換して電源供給しなければならないでしょう。

 

ここまではまあ良いのですが、問題はスイッチのON/OFFです。

ドライブレコーダーは電源が供給されると自動的にスイッチON
電源が断たれるとスイッチがOFFになるので、
車をスタートさせるたびにスイッチを入れることは不要。

 

ところがアクションカメラはこれには対応していないので、
自分でいちいちスタートボタンを押さなくてはなりません。

これはとても不便ですよね。

こんなところも車載カメラとしては、
ドライブレコーダーの方が便利と言う訳です。

 

ただ、それでも例外として「SJCAM」の製品のように、
アクションカメラでありながらエンジンのON/OFFに対応して、
スタート/ストップできる機能を持つモデルもあります。

気になる方は、要チェックかも知れません。

 

ドライブレコーダーはファイルが短い

アクションカメラをドライブレコーダーとして使いたいと考える方は、
車窓風景を映像作品にしたいとも思っているのではないでしょうか。

でも、ドライブレコーダーとアクションカメラでは、
同じような映像を撮るにもかかわらず、
記録ファイルの作られ方が大きく異なります。

 

アクションカメラでは1ファイルの時間が20分とか60分、
またはSDカード一杯までが1つのファイルであるのが特徴です。

ところがドライブレコーダーは、1ファイルが3分や5分など、
非常に短い時間に設定されています。

 

この短いファイルを後から編集して、
長い作品にするには労力が結構必要です。

ファイルとファイルの境目は不自然に再生されてしまうので、
編集ソフトを使って上手くつなぐには作業が大変なんです。

 

この仕様、実はドライブレコーダーに取っては、
とても大切なこと。

先に述べたようにドライブレコーダーはループ撮影するので、
SDカードが一杯になったら古いファイルを順番に消しながら、
新しい映像ファイルを上書きするように記録します。

 

もし、カードに記録されるファイルが
1ファイル仕様だったら、どうなるでしょう?

カードが一杯になって新しい撮影を始めた途端、
記録した過去の映像は全て消去されてしまいます。

 

少し前の映像を後から見ようと思っても、
それは不可能になってしまうんです。

それを防ぐためにファイルを細かくして、
少しずつ消去していくのです。

 

もし事故に遭遇して一瞬に電源を断たれることにもなれば、
記録中のファイルが閉じられないことでも、
映像は全て消去されてしまう事態に陥ってしまいます。

また、多くのドライブレコーダーはGセンサーを内蔵し、
事故時のGを感じたら前後それぞれ10秒ほどのデータを別ファイルに保存、
大事な映像をカードから消去しないようになっています。

これがアクションカメラにない、ドライブレコーダーの大きな特徴です。

 

いかがでしたでしょうか?

ドライブレコーダーとアクションカメラの違い、
おおよそお分かりになったでしょうか。

車窓風景を作品とするのが目的ならアクションカメラで十分ですが、
いざという時の瞬間の映像を確実に残したいのなら、
やはりドライブレコーダーが便利だと言えるでしょうね。

 

でもですね、どうしても1台に
まとめることにこだわる方に相応しい製品、
実はあるんですよ!

それは「ASUS(エイスース) RECO SYNC」

 

普段はドライブレコーダーとして活躍しながら、車を降りたら
アクションカメラに変身するドラレコ&アクションカムです。

それぞれ専用モデルと比較すれば中途半端な感は否めませんが、
2台も所有するのに抵抗がある方にはおすすめのモデルですよ。

 

いや~、ドライブレコーダーとアクションカメラ、
奥が深いと思いませんか?

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください