「ドライブレコーダーで、電源ケーブル不要 電池駆動のモデルはありませんか?」あります!

ドライブレコーダーを取り付けたいのだけれど、
電源ケーブルの配線が面倒で、
購入をためらっている人は多いと思います。。

ある人がネット上で、こんな質問をしていました。

 

『ドライブレコーダーをを導入したいと考えていますが、電源ケーブルを車内にはわせることに抵抗があります。またレンタカーでも使いたいので、取り付け取り外しが簡単にできて、電源ケーブルが不要な電池内臓のモデルはないでしょうか?』

 

そこで、色々探してみたところ、ありましたよ!

 

それは、「ASUS(エイスース) RECO SYNC」


いつもはドライブレコーダーとして活躍し、
クルマを降りたらアクションカメラに変身する
1台2役の動画カメラ&レコーダーです。

 

一般のドライブレコーダーと違い
大容量のリチウムバッテリーを内蔵、これを使えば
電源ケーブルがなくてもドライブの様子を記録可能。

本体はSONY製センサーを採用し、
フルHDの高画質で映像を残せます。

 

ドライブレコーダーを名乗るだけに、Gセンサーを搭載し
急ブレーキや衝突など大きなGが掛かると、
その瞬間の映像を別ファイルで保存してくれます。

後から大事な映像データが上書きされて、
なくなってしまう心配はありません。

 

トンネル出入り口でも素早く適正露出が得られる
WDR機能も、ちゃんと付いて見やすくなっています。

 

では、この商品の概要を、メーカーの
動画で確かめてみることにしましょう。

 

次に、すでに愛用しているユーザーの皆さんは、
どんな感想を持っているのでしょうか?

レビューをピックアップして、
RECO SYNCを検証してみます。

 

★「レンズのF値が1.8と明るく、画角も150度と広くて十分な性能。WDR技術により、夜間や逆光時でも白飛びや黒つぶれは発生しない。下部に三脚ネジ穴を備えており、三脚などに固定が可能。58㎜径のフィルターなどカメラオプションが使えたり、GPSアンテナも付属しているなど拡張性に優れている。操作は、Wi-Fi経由で専用のスマホアプリと連携でき、各種設定や映像確認、SNSへの投稿やクラウドストレージへのバックアップができるなど便利だ。不満なのは、液晶画面がないので単体使用だと使いにくいことと、性能面からすれば価格ややが高いことだ。」

★「ドライブレコーダーとして見ると、サイズが大きい。愛車に取り付けてみたら、存在感はかなりのものだった。視界をさえぎるほどのことはないが、クルマ好きからすると “やたら大きいなぁ、安物じゃないか?” と思われそう。とは言っても、実際には製品の質感はかなり良くて高級感がある。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

確かに本体は、一眼レフカメラレンズのように大きく、
112gと重量も結構あります。

その代わり、他のドラレコと違い、720mAhの
大容量リチウムバッテリーが内蔵されていることで、
電源ケーブルを使わず撮影ができるのです。

 

ただ、長時間の撮影は厳しいので、
電池切れの時は付属の電源ケーブルを介し、
シガーソケットから給電する必要がありますね。

ケーブルはUSBケーブル仕様であることで、
モバイルバッテリーから電源を取ることも可能です。

 

レンタカーで使う場合は、
付属のマウントアダプターは使えませんから、

別途に吸盤式サクションマウントを購入して、
ダッシュボードに固定すると良いでしょう。

 

サクションマウントは、
「REC-MOUNTS REC-B43G」がおすすめ。

 

安価ながら三脚ネジを介して、RECO SYNC
しっかりダッシュボードへ固定することができます。

3


また、ダッシュボード上に設置することで
本機は180度反転しますが、自動的に天地を検出する機能で、
映像が逆さまになることはありません。

 

このように、
RECO SYNCとサクションマウントを組み合わせることで、
わずらわしい電源ケーブルを車内にはわせることなく済むのです。

そして、レンタカーなど愛車以外のクルマでも、
ドライブレコーダーの映像を撮ることが可能なのが、
これでご理解いただけたでしょう。


 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ iON Adventure ITAPAD-JP

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください