『カロッツェリア ND-DVR40』レビュー評価:価格が安く偏光フィルターも使えるドラレコ

 

あなたがドライブレコーダーを選ぶ基準は、
何でしょうか?

価格?大きさ?画質?それとも機能?

 

色々と迷うところかも知れませんが、
これら全てを一通りクリアするモデル、ありますよ。

しかも、品質に信頼のおける
日本メーカー製です。

 

それは、
「PIONEER カロッツェリア ND-DVR40」
です。

 

今回はこのモデルを、
ユーザーレビューを基に評価したいと思います。




 

価格の割に内容の充実したND-DVR40

ND-DVR40は一見ゴツい感じがするものの、とても小さくて、
しかもアタッチメントを使わない一体型ドライブレコーダー。

このようなデザインのモデルは、
自動車メーカー純正品に多いんですよね。

 

アタッチメントがないことで、
フロントガラスに本体をピッタリ接着すれば
後からぐら付くことはありません。

しかも、タテヨコの大きさがそれぞれ6センチ少々で、
厚みも4センチほどしかありません。

 

ルームミラーの裏に上手くセットすれば、
ドライバーの視界を邪魔することはありませんよ。

画質もフルHD200万画素をクリア、WDRも搭載して
トンネル出入り口での露出の乱れも少ないです。

 

この小さなボディにGPSも内蔵していて、
走行の軌跡をバッチリ残すことが可能。

面白いのは本体にバッテリーがあることで、
これを利用して最大50分と短い稼働時間ながら、
駐車監視機能が使えることです。

 

コンビニやスーパーなど、
ちょっとしたパーキング時に安心できますね。

そしてこのドラレコの最大の特長は、これほどの高機能を持ちながら、
価格の安いエントリーモデルに属していると言うことです。

ドライブレコーダーを実用的に使いたい人に取って、
これなら付けても良いかなと思える製品になっていますよ。

 

ではここで、あるユーザーさんの動画で、
昼と夜の画質を見ていただきましょう。

 協力 もさるGRBさん

 

ND-DVR40のユーザーレビュー

次に、実際の画質や使い心地は
どんなものでしょうか。

すでに愛用しているユーザーの
皆さんのレビューで探ってみましょう。

 

★「コンパクトさスマートさが売りと言うので購入したが、見ると意外に大きい。まあ、ルームミラーに隠れるサイズではあるので、運転席側からは目立たないが、助手席側から見ると結構存在感がある。操作性に関しては、ボタンが必要最低限シンプルに機能が割り当てられているので、それほど迷うことなく操作できる。フルHDでWDRが付いているので、これまで使用していたものに比べはるかに画質は良い。やや彩度が高いが、滑らかで全般にキレイだ。」

★「コンパクトで良い。その分ボタンも小さいが、そう頻繁に操作するものでもないので気にしていない。高画質ではあるが、夕方から夜にかけて走ると、カーナビやランプなど色々画面に映り込む。オプションの偏光フィルターは標準装備にして欲しい。」

★「本体の取付はガラスに貼るだけだが、貼り直しはできないので気を付けたい。本体のモニターは視認しにくいが、パソコンで見ると鮮明な映像が見られる。電池内蔵で、駐車中も録画がされるのは良いかも知れない。ナビをパイオニアで選ぶなら、絶対にND-DVR1の方が便利でおすすめするが、単独で買うならこれで十分だと思う。価格が安いので、買って損はないだろう。」

★「個人的に気に入ったのが、コンパクトで一体型の格好の良さ。後付けっぽくなく、スッキリしていて良い感じだ。ぶら下げ型を使用している知人によると、カードを抜いたり本体のボタンを押すなど操作した時、本体が動いてしまって向きを直すことがあるそうだ。この機種は一体型なのでそのようなことはなく、それも長所かも知れない。」

 

ND-DVR40を評価する

ドライブレコーダーはガラス越しに撮影するので、
車の走行方向・車種により、
車内のものがカメラに写り込むことがあります。

 

実はこのND-DVR40、オプションながら
レンズ前に取り付ける偏光フィルターが用意されています。

これを装着することで、
映像がスッキリ・クリアーになる
メリットがあるんですね。

 

実際の様子を、メーカー提供の動画でご覧下さい。

 

せっかく高価なドライブレコーダーを購入したのに、
写り込みのおかげでガッカリと言う話は時々聞くもの。

この便利なアクセサリーが、
エントリークラスにも用意されているところが、
パイオニアの凄さだと思います。

 

アタッチメントレスのため、セットを慎重にやらないと
位置がずれて接着してしまいます。

こんなデメリットがあるとは言え、
きちんと取り付ければしっかり安定させられるので、
走行中に振動で映像がブレないのは良いですね。

 

また駐車監視機能は、一般的に電源を直接
カーバッテリーから供給する必要があります。

しかし、このドラレコは冒頭に述べたように、
本体にバッテリーを内蔵しています。

 

そのため、短い時間ながらこのバッテリーを利用し、
シガーソケットから電源を取る状態のままで
駐車監視機能を使うことができるのです。

このバッテリーのおかげで、
万が一の事故に遭って電源を断たれても、
撮影がすぐに停止しないのも重要なポイント。

 

Gセンサー・GPS・WDRと上級機なら
当たり前に装備されている機能さえも装備され、
それでいて価格が安い訳です。

画質は特別抜きん出た高画質ではないものの、
フルHD仕様機として標準的なレベルはクリアー。

全体的に見て、致命的な欠点はないと
評価できるでしょうね。

 

1つ1つの性能にはこだわらないが、
一通りの機能が揃い・目立たず、

また安く済ませたいと考える人には、
初めてにかかわらずおすすめのモデルだと思います。

 

ND-DVR40はこのたびVREC-DZ300に進化しました。
(中身はほぼ同じ内容ですが、付属するSDカードが8GBから16GB
に変更されたので、VREC-DZ300を選択した方が良いでしょう)
↓     ↓     ↓     ↓     ↓

2
2偏光フィルター AD-PLF1
または
3
3偏光フィルター AD-PLF1

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください