『innowa Journey』価格:安いが口コミの良い日本のドラレコを評価!

 

近頃は後続車の煽り運転対策で、
前後2カメラ式ドライブレコーダーが
売れる傾向にあります。

しかし、2カメラ式ドラレコは価格が高くなるし、
自分でケーブルを配線するのは面倒ですよね。

2カメラ式が主流となりつつとは言え、
1カメラ式が役不足だなんて決してありません。

 

人気のモデルのinnowa Journey Plusがある中で、
姉妹機の1カメラ式「innowa Journey」も、
魅力いっぱいのドライブレコーダーなんです。

 

今回はこのinnowa Journeyに迫り、
ユーザーレビューを基に評価してみましょう。




 

innowa Journeyの魅力とJourney Plusとの違い

 

 

まずはJourneyとJourney Plusとの違いですが、
これは単純にリアカメラが
付いているかいないかだけのことです。

ただそれだけのこととは言え、
Journeyには大きな魅力があります。

 

それは価格。

 

Journey Plusの何と、
半額で買えてしまうんです。

ただリアカメラがないと言うだけで、
価格が半分になるモデルはあまり聞きません。

 

で、Journeyは1万円少々で買えてしまうのに、
内容は機能満載でコスパがとても高いんです。

 

また、製造そのものは中国でも、
innowaは信頼できる日本のメーカーです。

Journeyには、メーカー保証も
しっかり2年間付いていますよ。

 

機能の方を見てみましょう。

 

フルHD200万画素のソニーExmorセンサーを採用し、
3インチの見やすい大型液晶モニターを内蔵。

このクラスには珍しいGPSも搭載し、
WDR機能もちゃんとありますよ。

 

日付や時刻が正確に表示されるだけでなく、
走行軌跡だって後から確認が可能。

トンネル出口での急な露出変化にも、
素早く対処して露出を安定させられます。

 

地デジのノイズ対策や全国のLED信号機にも、
当たり前のように対応しています。

 

それからスマホ派には嬉しい、
Wi-Fi機能までも搭載しているんですね。

 

スマホでリアルタイムに走行風景を見たり、
データをダウンロードできるんです。

 

Journeyはシングル1カメラとは言え、
レンズが160°とかなり広角のものなので、
左右の様子をかなり広く捉えられます。

左右から飛び込んで来る人や車の様子を、
しっかり写し撮ることができますね。

 

付属品の方も注目してみましょう。

 

取り付けアタッチメントは吸盤式と、
両面テープ式の2種類を用意。

ユーザーの好みや必要に応じて、
使い分けることができます。

 

SDカードだって付属しています。

 

容量は8GBと少なめですが、
そもそも商品価格が安いので、
贅沢は言えないでしょう。

後から、32GBくらいのカードを
おごってやって下さいね。

 

では、肝心の画質の方を
見てみたいと思います。

あるユーザーが撮った、
昼夜の走行映像です。

 

おっとその前に、メーカー提供の
商品開封動画をご覧いただきましょう。

それから続いて走行映像です。

 

※映像はJourney Plusのものですが、
画質はJourneyと全く同じです


協力 wood stockさん

 

いかがですか。

フルHDモデルとして、
昼夜ともに明るくクリアなのでは?

 

それでは次の項で、
Journeyを使っているユーザーの皆さんより、

ネット上のレビューを集めたので、
使い心地などを確かめてみて下さい。

 

innowa Journeyのユーザーレビュー

 

★「丸みのあるフォルムで、かわいらしく気に入っている。取扱説明書を一通り読んでから取り付けたが、シガーソケットを差し込んでレコーダーにつなげるだけなので、取り付けは簡単にできた。本体下についているメニューのボタンは押しやすくて、アプリでも設定できるので使いやすい。画質はパソコンで再生しても、きれいに見えて良いと思う。左右も充分広い範囲で撮影されているのではないか。本体でもアプリでも設定ができるし、表示も分かりやすい。駐車モードは衝突検知を設定できるので、安心だと思う。」

★「画質や品質は国産メーカー並みな上に、スマホアプリの便利さが凄い。イベント録画の保存数は、メモリーカードの容量次第でたくさん撮れる。とっさに写真を撮る機能もあって、画像に日付や位置情報も記録される。運転中にとっさに操作する機器なので、直感的に操作できるのがありがたい。ごく稀にフリーズするが画面で気付きやすく、頻度は国産メーカーと大差ない。常にWi-Fi接続できるので、気軽に動画や画像をスマホに転送することができる。」

★「画質はコントラストが強めで綺麗だ。残念なのは、動画をスマホに取り込んでから、Twitterやインスタにアップ出来ないこと。Androidで公式アプリから投稿したが、NG。Mpeg4(mp3)にコンバートしたらアップ出来た。この機種はSNSでの共有を謳っているし、そこを一番重視していたために残念だ。」

★「購入して数日後、本体画面に不具合があることに気付きカスタマーサービスに連絡。不具合の内容を説明して交換を希望したところ、快く承諾してくれた。交換品については同じ不具合がないか、発送前に確認してくれたとのことで、正常な商品が届いた。」

 

innowa Journeyの評価

 

innowaはまだ新しいメーカーですが、
低価格なのに製品に多くの機能を詰め込んで、

実用性だけでなく趣味性要素にも対応する点が、
とても優れていると思います。

 

Journeyの色んな機能を見ると、
上級者向けのモデルとも思えるのですが、

基本的な機能は直感的に使えるので、
初心者が使っても戸惑うことは少ないでしょう。

 

ただ、ここでは紹介していないレビューを見ると、
初期不良があることや、アンドロイドだと
Wi-Fiがつながりにくいとの声もあります。

しかし、日本の他社モデルと比べても、
特に不具合が多いことはないと思います。

 

もし万が一の時は、
サポート窓口が丁寧に対応してくれるので、
あまり気にすることはないでしょう。

 

画質は全体的に少し黄色みがかって、
飛びぬけて良いとは言えませんが、

フルHD200万画素機としては
不満のないレベルだと言えます。

 

初めてドラレコを購入する方はもちろん、
知識はあるが予算をあまり掛けたくない方にも、
不満を感じにくいモデルと言って良いでしょう。

 

特に、データをスマホで管理したい方に
おすすめしたいモデルです。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください