ドラレコで駐車中の当て逃げ犯を見つけると同時に必要な○○とは何?

 

ドライブレコーダーは、万が一の衝突事故の証拠映像を残したり、煽り運転車の特定に非常に役立つアイテムです。

しかし、普段の車の利用でもっと役立つ使い方ができるドラレコ機能、あなたはご存知ですか?

 

それは、スーパーやコンビニなどでの駐車中に、当て逃げ犯の特定に活躍する駐車監視機能です。

そもそも車同士の接触って、お互いが走行中の状態の時よりも、駐車場で他車にぶつけられる確率の方がずっと高いんです。

 

でもそれが軽微な衝突だと、犯人の多くは皆逃げちゃいますよね?

なので、自分の愛車のドラレコに駐車監視機能を付けることが、結構重要なことなんです。

 

でも実はそれだけでは、対策が充分とは言えません。

今回は、ドラレコに駐車監視機能を稼働させると同時に、さらに必要な「〇〇」をお伝えしたいと思います。




 

当て逃げされたことに気付いたらまず最初は被害届を出すこと

 

駐車場でぶつけられやすいのは、フェンダー周辺と降車時におけるドアパンチされやすい部分です。

ここで駐車中の車のドラレコが録った、ドアパンチ映像をご覧いただきましょう。

 


協力 miyakepponさん

 

この程度のドアパンチだと被害を受けた車の傷は軽いので、映像のように相手はそのまま逃げて行くパターンが多いですよね。

でもこの映像なら車種や色・ナンバーまで分かるので、相手を特定することが可能です。

 

せっかくドライブレコーダーを付けたのなら、こんな場合は泣き寝入りせずに、まずはあなたも警察に被害届を出しましょう。

 

軽微な損傷でも、当て逃げは当て逃げ。

立派な犯罪です。

 

証拠映像が揃っているのなら、きっと警察は捕まえてくれますよ。

一部のうわさでは重大な損傷でもない限り、警察は積極的に動いてはくれない話があるようですが、そんなことはありません。

 

もし動いてくれないと言うのなら、職務怠慢ですからね。

あなたの愛車がぶつけられ修理が必要ならば、きちんと弁償してもらいましょう。

 

 

しかしちゃんと犯人は捕まったものの、話がスムーズにいかないことって実はあるんです。

どんな場合があるかと言うと、それは相手の加害者がはからずとも抵抗して来た時。

 

例えば、「お前がちゃんと枠内に車を止めなかったから、こちらの駐車スペースが狭くぶつけてしまった。だからお前も悪い」。

「ここは駐車場であって道路じゃない。交通事故とは言えないから、細かいこと抜かすな!」と逆ギレすることも。

また「映像を編集して、ぶつけたように見せているんだろう」と、開き直ってしまう加害者もまれにいると言います。

 

言い合いになって収支が付かなくなると、もう大変です。

警察官が間に入って取り持つことはありますが、場合によってはケンカ両成敗で、相手の言い分をある程度受け入れてしまうこともあるんですよ。

 

もしそうなったら、あなたはどうしますか?

相手が入っている自動車保険(任意保険)の対物賠償保険を使って修理しろ、と詰め寄るのも1つの手かも知れません。

 

しかしそれでもごねて来たら、この際、あなたの自動車保険会社に救いを求めましょうか?

保険会社の担当者に、交渉をお願いするのです。

 

ところが、ここで問題があるんです。

あなたは100%過失のない被害者のため、「もらい事故」と言うことで、あなたの保険会社は相手の保険会社と交渉する権限がないのです。

 

いくら担当者があなたのことを思っても、法律ではそれができない仕組みになっているんですね。

ならば納得できるまで、あなたが粘り強く相手と交渉を続けますか?

 

これだと交渉が長引いて、あなたの貴重な時間を失ってしまう可能性もありますよ。

では、一体どうすれば良いのか?

 

そんな時、頼れるのが「弁護士」なんですね。

難しいゴタゴタを弁護士に一任すれば、あなたは貴重な時間を失わずに済むのです。

 

「しかし弁護士に頼めば、費用が高くつくんじゃ・・・」。

心配することはありません。

 

自動車保険を更新する時に「弁護士特約」を付けることで、安く弁護士さんに依頼できるのです。

 

自動車保険は車両保険を付けるのも良いが同時に弁護士特約も付けよう

 

 

あなたが交通事故に遭遇して双方に過失があった場合、あなたの担当者は事故の解決に向けて奔走(ほんそう)してくれます。

しかし、あなたはもらい事故で過失が0(ゼロ)だった場合、あなたが入っている保険の担当者には交渉権がありません。

 

相手の保険の担当者や加害者の態度に不満があっても、あなたの担当者は動くことができないのです。

そんな時に活躍してくれるのが弁護士。

 

あなたの自動車保険に弁護士特約を付加することで、少しでもこちらが有利になるように段取りを組んでくれるのです。

 

年間おおよそ2千円ほどの保険料の上乗せで、弁護士に交渉を依頼でき、300万円まで弁護士費用を使うことが可能になります。

 

この弁護士特約は多くの保険会社では、自分でチョイスしないといけませんが、選ばなくても初めからセットされている会社もあるんですよ。

私はもちろん弁護士特約を付けています。

 

あなたが現在契約している自動車保険ではいかがでしょうか。

1度確かめてみると良いかも知れませんね。




 

まとめ

 

近頃は2カメラ式ドライブレコーダーが人気で、スーパーなどで駐車している車を見掛けると、この種のモデルを良く見るようになりました。

ただ、駐車監視機能を稼働させているかどうかは、正直なところ良く分かりません。

 

機種によってはパイロットランプを点滅させ、録画中を威嚇するモデルもありますが、稼働していても見かけ上、全く判別できないものもありますからね。

走行中のアクシデントを、しっかり録画してくれるドラレコは有難いですが、意外に活躍してくれるのが駐車監視機能なのです。

 

万が一あなたの車が駐車中に当て逃げされても、ドラレコの証拠映像があれば、加害者を特定することは可能。

 

当て逃げされても相手が分かるのなら、すかさず警察に被害届を出しましょう。

犯人と接触できれば弁償してもらって、無事に修理ができるのです。

 

ただし相手が非を認めず、話し合いがこじれてしまうと大変です。

もらい事故はあなたに100%過失がないので、自分の保険会社の担当者が話し合いに向かうことはできません。

 

そんな時に役立つのが、弁護士特約なのです。

 

大切な愛車を、駐車中に当て逃げされるのは許せませんよね?

あなたも駐車監視機能を付けたドライブレコーダーと、自動車保険の弁護士特約で、しっかり愛車を守りましょう。

 

出典 交通事故弁護士相談Cafe

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください