ドライブレコーダーの選び方:価格帯別おすすめベスト3 (1万円~2万円クラス)

 

ひと口にドライブレコーダーの選び方と言っても、
何を基準に選べば良いのか分からないかも知れませんね。

機能・性能・デザインなど、選ぶ要素は色々あります。

あまりドラレコの知識がない方に取っては、
その基準さえも判断できないことがあるでしょう。

 

ならば、購入可能な予算(価格)に合わせて、
ベストな機種を選んでみてはいかがでしょうか?

 

このページでは、私 “ドラレコ野郎” が選ぶ、
1万円~2万円クラスのおすすめベスト3をご紹介します。




 

第1位)ユピテル DRY-ST3000c

この製品の良いところは、まずユピテルと言う
信頼のおけるメーカー製であることです。

ドライブレコーダーの原点は、故障せずにきちんと
作動してくれることが、非常に重要なポイントになります。

 

ユピテルは、カーエレクトロニクスの
歴史が古く、ノウハウも豊富なメーカーです。

このDRY-ST3000cは同社の新しいモデルで、300万画素のセンサーを生かし、
高画質であるだけでなく自然な色合いで、明暗差の大きなシーンでも
白飛び・黒つぶれの少ない映像を残せるのです。

 

別売りの電源ユニットを使ってカーバッテリーから給電すれば、
「動体検知機能」「常時記録」「イベント記録」
3モード駐車監視機能を使うことが可能。

走行中だけでなく、駐車場でも愛車を
しっかり見守ってくれる安心のドラレコなんですね。

 

GPSも内蔵し、地デジ・カーナビに
悪影響を及ぼすこともありません。

全国のLED信号にも対応しているので、消滅して
色が不明になることも皆無です。

 

飛び抜けた特徴はありませんが、信頼で
選ぶならこの製品がベスト1になるでしょう。

 

 

第2位)ケンウッド DRV-410

元々、通信機器やオーディオ機器の分野で人気の、
ケンウッド製のドラレコです。

数年前からドライブレコーダーの分野にも参入し、
メキメキと頭角を現してシェアを伸ばしています。

 

このDRV-410も300万画素のセンサーを採用し、
後から大画面で鑑賞しても、十分な画質が得られるモデルです。

モニターが小さく映像が見にくい点がありますが、
その分本体もコンパクトなので、
ドライバーの視界を妨げないところが長所になっていますね。

 

本機の特徴は、3つの
運転支援機能を搭載しているところ。

 

■前方を走る車との車間距離が短くなると
知らせてくれる「前方衝突警告」

■走行中の車線からはみ出した時に
鳴る「車線逸脱警告」

■信号が青になって前車が発進しても、自車が
それに続かないと教えてくれる「発進遅れ警告」

 

ドライバーの、ついうっかりを
サポートしてくれる頼もしいドラレコなんです。

 

機能が多い割に価格が安いので、初めてドライブレコーダーを
購入する方にもおすすめしたいモデルです。

 

 

第3位)オウルテック OWL-DR01-BK

あまり聞きなれないメーカーかも知れませんが、
品質の優れた日本国内メーカーの製品です。

 

この機種も300万画素の高画質を誇り、特に夜間での映像が
他機よりも、明るくキレイに撮れることが高評価になっています。

これは本機がF1.6と言う、他機よりも明るく高性能なレンズを
使っていることが、その要因につながっているものと思います。

 

WDR機能のおかげで、白飛びや黒つぶれが
少ないのも大きなメリットになるでしょう。

またOWL-DR01-BKの特徴で、本体をフロントガラス
だけでなく、ダッシュボードに装着することも可能。

 

そのために、モニターの上下を
反転することができるのです。

好みに合わせて、装着位置を
選べるのは嬉しいですね。

 

売れ筋の低価格帯のモデルとして、
初心者から中級者まで充分に推奨できるドラレコです。

 

 

いかがでしょうか。

 

購入価格が1万円~2万円のクラスと言うのは、最も売れている価格帯で、
販売されているモデルも多く選ぶに迷ってしまうこともあるでしょう。

その中で上記3機種なら、どれを選んでも
まずまず満足でき、不満は少ないと思います。

ぜひ、あなたのご参考になさってみて下さい。

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください