ミラー型ドライブレコーダーのメリット・デメリット

 

近年普及しつつあるドライブレコーダーの中で、
一部の方に人気のミラー型ドライブレコーダー
があります。

 

一般のフロントガラスに取り付けるタイプと比較して、
ミラー型にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

また、メリットがあるならデメリットもありますので、
両方をこのページに書き出して、

あなたにミラー型ドライブレコーダーの特徴を
知っていただきたいと思います。

 

それを踏まえた上で、私がおすすめする
モデルを2機種ご紹介しましょう。




 

ミラー型ドライブレコーダーのメリット

 

*純正ルームミラーにかぶせる形で固定するので、本体を
 フロントガラスに貼り付ける必要がなく、取り付けが容易

*純正ルームミラーにかぶせることで違和感がなく、
 視界を妨げることもないので、見た目がスッキリしている

*ミラー内にモニターを内蔵しており、運転席側から
 映像を確認することができる

 

ミラー型ドライブレコーダーのデメリット

 

*ワイドミラーになっているので横幅が広く、
 機種によってはサンバイザーに干渉する

*モニターを常時表示させると目障りになり、
 後方の様子が見づらくなる

*外国車など車種によっては、
 取り付けが不可能なものがある

*純正ルームミラーに重みで負担を掛ける場合があり、
 振動を引き起こして画面がびびることがある

*純正ミラーの自動防眩機能が使えなくなってしまう

 

おすすめミラー型ドライブレコーダー①

 

「PAPAGO!(パパゴ) GoSafe GS268-16G」

200万画素SONY製CMOSセンサーを搭載し、
美しい映像を結ぶドライブレコーダー。

HDR機能を内蔵しているため、
黒つぶれや白飛びが少なく、

露出が安定しているのが素晴らしいです。

 

純正ミラーにガッチリ固定することができ、
ガタ付きは起きにくい設計になっているのも良いですね。

レンズは135度の広角レンズを使っており、
左右の様子を余すことなく記録ができます。

 

また気になる地デジノイズや、LED信号の消滅もありません。

速度制限標識警告や出発遅延警告など、
ドライバー支援機能が付くなど至れり尽くせり。

 

惜しいのは1つだけ。

 

GPSが搭載されているのに、GPSアンテナが
別売りになっていること。

ドライブレコーダーとして、決して価格は安くないので、
ぜひ標準装備してもらいたいものです。

 

おすすめミラー型ドライブレコーダー②

 

「コムテック HDR-112MG」

ミラー型でありながらカメラと本体が分離した、
セパレート式になっているのが特徴です。

 

そのため、万が一の事故時に
ショックでミラーが曲がってしまっても、

カメラはガラスに貼り付いているので、
その瞬間を確実に残すことが可能。

 

画素数が100万画素でHDRも搭載されていないことで、
それほど高画質ではありませんが、

価格が非常に安いことを考えれば、
納得できる画質と言えるでしょう。

 

また、安くてもGPSやGセンサーを内蔵しており、
LED信号・地デジ対策もバッチリです。

 

コストパフォーマンスの高さで、
初めてのドラレコ選びに最適のモデルです。




 

いかがですか?

 

どちらも優れたモデルですが、ミラー型は購入する前に
まずあなたのクルマに取り付け可能かどうか、
確かめてみることをおすすめしたいと思います。

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください