ドライブレコーダーの取り付けは、自分でも意外に簡単と言うのは本当か?

 

ドライブレコーダーを本格的に取り付けるには、
カーショップやカーディーラーにお願いするのが
最もキレイに決まりますよね。

配線も目立たなくしてくれますし、
電源もシガレットライターからではなく、直接カーバッテリーから
取ってくれますので、大きなアダプターが目立つこともありません。

 

しかし、それなりに
取り付け料金が掛かります。

高価なモデルならいざ知らず、激安モデルを購入したら、
本体価格より高くなってしまうかも知れません。




 

そこで今回は、電気の配線に詳しくないあなたでもできる、
最も簡単な取り付け方法を動画でご紹介しましょう。

カズチャンネルさんのご協力で、
「ユピテル DRY-WiFi40C」の取り付け方を
ご教授いただきます。

本当に自分で取り付けできるのか、
しっかりとご覧下さい。

 

 

いかがでしたか?

車種によって内装カバーの取り外し方が異なるので、
動画のものとは勝手が違うこともあるでしょう。

しかし実際にやってみた方のお話では、
予想したほど困難なことはないおっしゃいます。

 

もし、どうしても自信がないのなら、
クルマを購入したディーラーで
コツを教えてもらうと参考になるでしょうね。

あなたがクルマを購入したお店なら、
親切に教えてくれるハズです。

 

自分で取り付けを行うことのメリットは、
取り付け費用が掛からないばかりではありません。

機種によっては意外に早く故障してしまい、
早々に買い替えを迫られる際のことを考えると、

簡易的に取り付けた方が
面倒がなくて良いこともあるのです。

 

ドライブレコーダーの寿命は特に中国製の場合、
比較的短いものが多いので (せいぜい2年~3年)、
容易に取り外しができる方が後悔しないとも言えます。

 

簡易装着なら特殊な工具も必要ありませんので、
ぜひあなたもチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください